YouTubeもやってます。Nの生声を聞きたい(?)方はぜひ!笑

YouTube

【長文読解に必須!】3つのso thatとは?【意味、訳、違い】

英文法

 

突然ですが、so thatという表現はご存知ですか?

 

なにそれ?

 

 

実は、so thatには3パターンの訳があるのですね。

よく似ているので混同しやすく、試験でも狙われやすいポイントです。

 

ただ、どのパターンも長文読解ではよく見る表現なので、

これを機会にサクッと整理してみましょう!

 

記事は3分程度で読めますよ!

 

so thatの3パターン

まずはざっくりポイントだけまとめましょう。

 

so thatの訳し方
  • so~that SV-: とても~なのでSV-だ
  • ~so that SV-: SV-するために~だ (目的)、SV-するように~だ (様態)
  • ~, so that SV-: ~だ。その結果SV-だ

 

詳しい解説は下記で見ていきましょう!。

 

so~that SV-

まずはso~that SV-「とても~なのでSV-だ」からです。

これは比較的なじみ深い形かもしれません。

 

She is so rich that she could buy a new car.

(彼女はとても裕福なので、新しい車を買うことが出来た)

 

“~”の部分には”rich”が、

“SV-“部分には”SV-“が入っていますね。

 

~so that SV-

次は~so that SV-「SV-するために~だ (目的)、SV-するように~だ (様態)」です。

 

so thatがヒトカタマリとなっているのがポイントです。

 

 

<目的>

She attended the meeting so that she could catch up with the latest information.

(最新の情報に追いつくため、彼女はその会議に出席した)

 

<様態>

Please speak more loudly so that I can hear you well.

(わたしがあなたの声をよく聞くことが出来るように、彼女はその会議に出席した)

 

~, so that SV-

ラストは~, so that SV-「~だ。その結果SV-だ」です。

 

 

先ほど紹介した表現との違いは、so thatの直前にカンマがあることです。

カンマがある場合、頭から訳すのがポイントです。

 

 

先ほどは”so that SV-“の部分から訳していましたが、今回は普通に語順通り頭から訳しています。

 

カンマがあるため、文が一度ゆるっと切られているのですね。

 

 

例文はコチラです。

He is here now, so that we can start the discussion.

(彼はいまここにいる。その結果、わたしたちは議論を始めることが出来る

= 彼はいまここにいる。それで、わたしたちは議論を始めることが出来る)

 

 

なお、「その結果」は「それで」と訳してもOKです。

いずれにせよ、頭から語順通り訳しているというわけですね。

 

 

※カンマがないのに「その結果、それで」と訳すパターンもありますが、こちらについては完全に文脈判断です。曖昧さを避けるため、カンマを打つのが原則ではあります。

 

おわりに

一見難しそうな表現も、整理してみれば意外と簡単ですね。

 

長文読解に必須の表現ですので、これを機会にぜひぜひ習得してください!

 

 

それでは! 最後までお読みくださりありがとうございました。

 


コメント