わたしが講師になった理由【前編】ド田舎の高校生が東大に挑戦

自己紹介

こんにちは、英語講師Nです。

 

わたしは大学卒業後は一瞬だけ大企業に就職し、その後海外を放浪しておりました。その後ふと思い立ち、26歳で英語の講師になりました。

 

なぜN村は英語講師になったのか? みなさんのそんな疑問にお答えしたいと思います(←なぜか上から目線)

 

 

どうして英語講師を目指そうと思ったの?

 

生い立ち

さて、そもそもですが、わたしは日本のド田舎で生まれ育ちました。アラレちゃんのペンギン村みたいなところです。

 

コンビニまで徒歩30分、電車は1時間に一本しかない。道を歩けば犬のう〇こを踏みつけてしまう。そんな場所です。

 

地元の公立校へ進学し、部活もそこそこにやりながら、結構楽しい高校生活を送りました。だから、勉強のことなどすっかり忘れていました。

 

高三の夏に部活を引退し、気づいたときには時すでに遅し。学年では下から十番以内。わたしの成績は、グロテスクな深海魚のように底辺近くを這いずり回っていました。

 

 

下から十番?相当やばいね。

 

 

しかし、わたしが目指したのは慶応大学法学部。そして、その時のわたしの偏差値はせいぜい40~50無謀な選択です。そして、そのことは教師にも指摘されました。

 

 

慶応?ムリだ、やめた方がいい。

GMARCHでもいいだろう。

先生の言うことを聞きなさい。

 

 

毎日のようにこんな言葉を吐きかけられたわたしは、逆に反発します。そりゃそうですよ。「俺の言うことを聞け」と言われて聞くわきゃないんです。反抗するに決まってます。

 

一方のわたしは成績を見て、「確かにヤバいぞ」ということは自覚していました。慶応の偏差値は70前後、わたしの偏差値は40後半。相当ヤバいです。ヤバい。ヤバい、ヤバい。

 

 

そりゃあね、死ぬ気で勉強しましたよ。ガツガツ、ガリガリ。

 

 

そしてどうなったか?

 

 

結果は不合格でした。

 

受験失敗~そして浪人へ~

よっしゃあ、と意気込み受験した慶応大学。

 

しかし結果は、ものの見事に不合格。

 

戦略が大きく間違っていたとは今でも考えていませんが、単純に力量不足でした。わたしは滑り止めも受けていなかったので、その瞬間浪人が確定しました。

 

浪人以上に悔しかったのが、教師の「それみたことか」という反応です。本当に悔しかった。なさけなかった。ふがいなかった。わたしは彼らとの勝負にも負けたのです。

 

 

先生の言うことを聞かないから落ちたんだ!

へっへっへ。

 

 

同じ高校のアホな仲間たち素晴らしい仲間たちも、続々と浪人が決まっていきます。進学先は駿台予備校。その駿台予備校から入塾案内が届いたのですが、そこに、思いもよらない記載がありました。

 

 

東大コースも選べますよ

 

 

…マジ?

 

 

たぶん、模試の成績を見て、自動的に記載内容を振り分けていたのでしょう。受験直前期は、英国だけなら偏差値60を超えていましたから、そこだけで振り分けられたのでしょう。実際東大を受けるとすれば、地歴やら数ⅡBやら、科目数が倍以上に増えるので、英国だけの成績を見て判断するのは、ハッキリ言ってナンセンスです。アホの極みです。

 

 

しかし、あの時わたしはアホでした。

 

 

この俺が東大…よし、やってみよう!

 

 

勢いです、完全に。このまま引き下がるわけにはいかなかった。浪人して慶応に受かれば、それはそれで立派なことですが、高校の教師を見返すには物足りません。「よくやったね」で終わってしまいます。

 

しかし、東大ならどうでしょう? 東大合格者は、我が母校からは一人も出ていないはずです。伝説のポケモンクラスのレア度です。ホウオウというかセレビィ、あるいは色違いのミュウ。そういうレベルです。

 

これはインパクトがある。東大の合格証書を叩きつけることができれば、相手はぐうの音も出ないはずです。これだ、これだ。見つけたぞ!

 

3月も上旬、春の足音が聞こえ始める頃、わたしは新たな希望に燃えました。

 

 

後編へ続く~(キートン山田風に)


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
自己紹介
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 前編がまだの方はコチラから。わたしが講師になった理由【前編】 […]