YouTubeもやっています!

【驚愕】Vingなのに「される」受身の意味の動詞まとめ【need/require/want/deserve】

基本単語

 

今回はVingなのに「される」という受身(受動)の意味になる単語をまとめてみました。

 

一見意外な意味を持つため、試験でもよく突っ込まれるポイントです。

 

一体どういうことなのか? 詳しく見ていきましょう!

 

Vingなのに「される」という受身の意味になる単語

Vingなのに「される」という受身の意味になる単語まとめです。

 

 

ポイント
  • need/want/require Ving: Vされる必要がある

  = need to be Vp.p.

※want to be Vp.p.とは普通しない、require to Vという形がそもそも存在しないので、require to be Vp.p.とはならない

 

  • deserve Ving: Vされる価値がある、Vされるに値する

  = deserve to be Vp.p.

 

 

need/want/requireは全て「~を必要とする」という意味の単語です。

 

  • Vすることを必要とする ⇒ Vされる必要がある

という発想ですね。

 

 

なお、wantは元々

  • 欠けている⇒必要である⇒欲する

というところから来ているのですね。

 

 

同様に、「deserve: ~に値する」も後ろにVingを取り、「Vされるに値する」という意味になります。

 

例文

コチラが例文です。

 

まずはneed/want/requireです。

The car needs washing.

The car wants washing.

The car requires washing.

The car needs to be washed.

(その車は現れる必要がある)

 

 

need Vingが最もよく使われる形で、need to be Vp.p.に書き換え可能です。

 

want to be Vp.p.という形は通常使われません。また、require to be Vp.p.は、そもそもrequire to Vという形が存在しないので、やはりそのような書き換えは不可です。

 

 

次にdeserveです。

He deserves punishing.

He deserves to be punished.

(彼は罰せられるに値する)

 

なお、受身の意味にならないときは、普通にdeserve to Vという形になります。

He deserves to win the game.

(彼はその試合に勝ってもおかしくない / 勝つに値する)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に改めてまとめを眺めてみましょう。だいぶ頭に入りやすくなっているはずです。

 

ポイント
  • need/want/require Ving: Vされる必要がある

  = need to be Vp.p.

※want to be Vp.p.とは普通しない、require to Vという形がそもそも存在しないので、require to be Vp.p.とはならない

 

  • deserve Ving: Vされる価値がある、Vされるに値する

  = deserve to be Vp.p.

 

 

何度か音読をするとなお良いですね。最後までお読みくださりありがとうございました。

 

それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

基本単語基本表現・語源文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント