【複合関係代名詞とは】whoever, whatever, whichever…【用法まとめ】

英文法

こんにちは、講師のNです。

 

今回は複合関係詞のうち、複合関係代名詞ついてまとめたいと思います。whoeverとかwhateverとかwhicheverとか、語尾に”-ever”がついているアレですね。

 

なんとなくの意味はわかるけど…

 

 

という方も多い分野かもしれません。どんなとき、どのように使えるのか? 順番に見ていきましょう!

 

<参考記事>

複合関係形容詞まとめ

複合関係副詞まとめ

 

複合関係詞の全体像まとめ

まずは複合関係詞の全体像を押さえましょう。

 

複合関係詞には、複合関係代名詞/複合関係形容詞/複合関係副詞の3種類があります。

全体像を示すとこんな感じ。

 

 

 

複合関係代名詞、複合関係形容詞、複合関係副詞…なんて言葉のオンパレードですが

うへえ!

などと引いたりしないでください。

 

基本的なポイントは次の3つだけです。

複合関係詞の基本
  1. 語尾に-everがつき、「~でも、~しようとも」という訳が基本
  2. 副詞節をつくるときのみ、”no matter~”に書き換え可能*
  3. 名称の違いは、関係代名詞、関係形容詞、関係副詞と対応

* 複合関係副詞では、「譲歩」の意味のときに限られる

具体例を見ていきましょう。(関係代名詞/形容詞/副詞の違いは過去記事も参照してください!)

 

<参考記事>

関係代名詞と関係形容詞の違い

関係副詞とは?

 

複合関係代名詞とは

さて、今回の本題、複合関係代名詞です。

 

複合関係代名詞には、whoever (whomever)、whatever、whicheverの3種類があります。基本的な使い方はどれも同じ。訳が違うだけです。

 

順番に見ていきましょう。

 

複合関係代名詞whoever(whomever)

複合関係代名詞whoever (whomever)には、

①名詞節をつくるパターン:「~する人は誰でも」

②副詞節をつくるパターン:「誰が~しようとも」

の二パターンがあります。

 

名詞節のパターン

まずは①名詞節をつくるパターン。

 

Whoever comes can participate in the party.

 = Anyone who comes can participate in the party.

(来る人は誰でもパーティーへ参加することができます)

 

複合関係代名詞whoeverは、whoever comesというカタマリの中で主語の位置にきています。主語の位置にくるというコトは、whoeverは名詞的に使われているというコトです。このことから、複合関係代名詞という名前がついているんですね。

 

「関係代名詞」の名前の由来と同じです。

 

<参考記事>

関係代名詞と関係形容詞の違い

 

 

また、whoever comesというカタマリ全体が、文の中では主語として働いています。“Whoever comes (=S) can participate (=V) “という感じですね。主語として働くというコトは…?

 

そう、whoever comesというカタマリは、名詞節を作っているんです。

 

ちなみに、whoever comesというカタマリの中で、whoeverが目的語の位置にきているときは、whomeverを使うこともあります。(固い言い方なので、基本はwhoeverを使いますが)

 

Whomever he knows was welcomed.

= Whoever he knows was welcomed.

 = Anyone who(whom) he knows was welcomed.

(彼が知っている人は誰でも歓迎された)

 

副詞節のパターン

次に②副詞節をつくるパターン。

 

Whoever said so, it must be a lie.

No matter who said so, it must be a lie.

(誰がそう言ったにしても、それは嘘に違いない)

 

whoeverは、whoever said soというカタマリの中で、主語にきています。なので、複合関係代名詞という点は変わりません。

 

ただ先ほどと違うのが、whoever said soというカタマリが、文全体を修飾するように働いているというコトです。文全体を修飾するものの品詞は、副詞です。そのため、whoever said soは副詞節を作っていると言えるのです。今回であれば、it must be a lieを含む文全体を修飾していますね。

 

ちなみに、副詞節を作る用法の時は、whoever = no matter whoと言い換え可能です。(whoeverに限らず、副詞節をつくるときは全ての単語でno matter~と言い換え可能です)

 

なお先ほどと同じく、whoeverのカタマリの中で、whoeverが目的語の位置にきているときは、whomeverを使うこともあります。(やはり、基本はwhoeverを使いますが)

 

Whomever you meet, you have to keep silent.

 = Whoever you meet, you have to keep silent.

= No matter who you meet, you have to keep silent.

(君が誰に会おうとも、君は沈黙し続けなければいけないよ)

 

複合関係代名詞whatever

複合関係代名詞whateverには、

①名詞節をつくるパターン:「~するものはなんでも」

②副詞節をつくるパターン:「どんなものが~しようとも」

の二パターンがあります。

 

基本的な使い方はwhoeverと同じです。訳が違うだけですね。(あと、目的語の位置に来たからと言って、whomeverみたいな語形の変化はありません)

 

名詞節のパターン

まずは名詞節のパターンです。whatever you likeが「何でも好きなもの」というカタマリを作っていますね。

 

You may choose whatever you like.

(君は君が好きなものはなんでも選んでよい)

 

Whatever you like should be done.

(君が好きなものはなんでもなされるべきだ)

 

ちなみに、オアシスの”Whatever”という曲では、まさにwhateverの名詞節のパターンが使われていますね。(歌詞はコチラ

 

副詞節のパターン

次に副詞節のパターンです。whatever you likeのカタマリが文全体を修飾しています。副詞節の場合は、no matter whatに言い換え可能です。

 

Whatever you like, you have to respect what others like.

= No matter what you like, you have to respect what others like.

(君が何を好きであろうとも、君は他の人が好きなものに敬意を払わなければいけないよ)

 

複合関係代名詞whichever

複合関係代名詞whicheverには、

①名詞節をつくるパターン:「~するものはどちらでも、どれでも」

②副詞節をつくるパターン:「どちらが(を)~しようとも」

の二パターンがあります。

 

基本的な使い方はwhoeverやwhateverと同じです。

 

名詞節のパターン

まずは名詞節のパターンです。whichever you likeが「どちらでも好きなもの」というカタマリを作っていますね。

 

You may choose whichever you like.

(君はどちらでも好きなものを選んでいいよ)

 

副詞節のパターン

次に副詞節のパターンです。whichever you likeのカタマリが文全体を修飾しています。副詞節の場合は、no matter whichに言い換え可能です。

 

Whichever you like, I don’t care.

= No matter which you like, I don’t care.

(君がどちらを好きであれ、わたしは気にしないよ)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

複合関係代名詞、なんていうゴツイ名前をしていますが、よくよく見ればなんてことはありませんね。

 

注意すべきは、名詞節か?副詞節か?という判別くらいでしょうか。「名詞節にもかかわらず、no matter~が使われている」という間違い探しの問題をたまに見ます。

 

あとはひたすら音読をして、表現を身体にしみこませてくださいね。

 

それではまた!


コメント

  1. […] 複合関係代名詞まとめ […]

  2. […] 複合関係代名詞まとめ […]