【語源でイメージ】”接尾辞 ar”の英単語まとめ【単語を形容詞化/名詞化】

基本表現・語源

 

今回は“ar”を接尾辞に含む単語をまとめてみました。

 

語源から考えると、様々な単語を一気に本質理解することが出来ます。

 

一体どのようなものなのか? サクッと確認していきましょう!

 

※接尾辞とは、単語の末尾のつづりのことです。単語の品詞を大きく変える傾向があります。

 

“ar”を含む英単語まとめ

arには、

  • ar: ①単語を形容詞化、②単語を名詞化(~する人/モノ、erやorの異形)

という役割があることがポイントです。

 

 

「①単語を形容詞化」に当てはまることが多いですが、「②単語を名詞化(~する人/モノ)」となることもあります。

 

「②単語を名詞化(~する人/モノ)」は、erやor語尾の一種として考えられます。erやor語尾のパターンは下記の記事にまとめてあるので、そちらでご確認ください。

 

 

下記には代表的な単語をいくつかピックアップしたので、品詞に注目しつつざっと目を通して見てくださいね。

 

ポイント

<形容詞>

  • molecular: 分子の
  • polar: 極地の、極性の
  • popular: 人気のある
  • similar: 似ている、類似した「simil: 似た」

 

<名詞>

  • scholar: 学者
  • liar: 嘘つき

 

おわりに

いかがでしたか? 語源は威力抜群なので、超オススメの単語勉強法です。たくさんの文章を読み込むのと並行で、語源学習も出来ると効果抜群だと思います。

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がイチオシです。なぜか一般の書店ではあまり見かけない気がします。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabularyは全て英語での記述となりますが、記述がかなり充実していて、英語が比較的平易なので読みやすいです。なるほどと思わせる記述も多いです。

 

 

Merriam-Webster’s Vocabulary Builderも英語での記述ですが、やはり充実しています。英語が少し難しいので、中~上級者用でしょう。

 

 

また、辞書のジーニアス英和辞典 第5版は語源の説明が充実しているのでおススメです。(そして、辞書としても最も使い勝手が良いように感じます)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


コメント