【超決定版】ハイフン(-)の意味・用法まとめ【ハイフネーション】

英文法

 

今回はハイフンの意味・用法についてまとめてみたいとおもいます。

 

※短い横線 (-)のことです。長い横線のダッシュ(ー)とは違うので注意です。

 

 

なんとなく使いがちなハイフンですが、きちんと役割を理解出来ているでしょうか?

 

一緒に確認していきましょう!

 

ハイフンの意味・用法まとめ

まずはハイフンの意味・用法をまとめてみましょう。

 

二つの単語をつなぐのがハイフンの大まかな役割ですが、様々な用法があるのですね。

 

ポイント
  • 21~99までの数詞表現に使用(例:twenty-five, ninety-nine)
  • 分数表現に使用(例:two-thirds, one-fourth)
  • 複合語に使用(例:self-control)
  • 曖昧さ回避に使用(例:two-hundred-year-old treesとtwo hundred-year-old trees)
  • 改行時に単語が切れる場合に音節部分に使用(例:hy-(改行)phenated)

 

 

一つずつ具体的に見ていきましょう!

 

21~99までの数詞表現

21から99までの数詞表現(数の表現)にはハイフンを使います。

 

例はコチラです。

twenty-one: 21

thirty-two: 32

ninety-nine: 99

 

分数表現

分数表現にもハイフンを使用します。

 

例はコチラです。

one-third: 三分の一

two-thirds: 三分の二

three-fourths: 四分の三 (=three quarters, 分母部分の4はquarterで表現することが多い)

 

 

なお、分数表現は下記の点にも注意してくださいね。

  • 分子の部分には基数(one, two, three…)
  • 分母の部分には序数(first, second, third…)

※分子が2以上なら、分母の最後に-sが付く

 

複合語

二つの単語を合わせ、複合語を作る場合にハイフンを使用します。

 

例はコチラです。

anti-ice equipment: 防氷装置

ill-adjusted: うまく適応できない

non-Japanese: 日本人ではない人

re-abusing: 再乱用

re-charge: 再請求

self-control: 自制心

ten-minute ride: 10分間の乗車

 

 

このパターンでは、注意すべきことは二点あります。

 

 

一点目は、下記のパターンではほぼ確実にハイフンが必要になるということです。

  1. ハイフン前後に同じアルファベットが使用されている場合(antiice)
  2. ハイフンの有無で意味が変わる場合(re-charge: 再請求、recharge: 充電する)
  3. 後ろの語が大文字で始まる場合(non-Japanese)
  4. self-でつなぐ場合self-control)
  5. ill-でつなぐ場合ill-adjusted)

 

なお、時代を経るごとにハイフンはなくなる傾向があります。例えば「cooperate: 協力する」という単語は、元々「co-operate: 共に仕事をする」から来ているのですね。

 

 

 

二点目は、ハイフンでつながれる単語に複数形の-sが付かないことがあるです。

 

具体的には、「ten-minute ride: 10分間の乗車」を見てみましょう。

 

 

本来は複数扱いで「ten minutes: 10分間」のように、語尾に-sが付くのですが、今回は「10分間の乗車」というように、ten-minuteの部分が「ten-minute: 10分間の」と形容詞として働いています。

 

形容詞に複数形の-sが付くことはないため、ten-minutesとはならないのですね。

 

 

なお、アポストロフィを使って「10分間の」という意味にする場合については、下記の記事でまとめています。

【超決定版】アポストロフィ (‘)の意味・用法まとめ

 

曖昧さ回避

曖昧さ回避に使用することがあります。

 

たとえば、次の表現を見てください。

  • twohundred-year-old trees
  • two hundred-year-old trees

 

 

twoとhundredの間のハイフンの有無が大きな違いです。

 

ハイフンでつながれた単語は、一つの意味のかたまりを形成します。

 

 

つまり、

  • twohundred-year-old trees

「200歳の木々(=樹齢200年の木が複数本ある)」という意味になります。

 

 

一方、ハイフンが消えると、twoが単独で「二つの」という意味で機能することになり、

  • two hundred-year-old trees

「2本の100歳の木々(=樹齢100年の木が2本ある)」という意味になります。

 

 

このように、意味をハッキリさせるためにハイフンを使用することがあるのですね。

 

改行時に単語が切れる場合

改行時に単語が切れる場合、音節部分にハイフンを使用して単語をつなげることがあります。

 

例はコチラです。

~~, and the situation has been getting com-

plicated.

(~、そして状況は複雑になり続けている)

 

※complicatedが改行により途中で切れているので、com-plicatedとつなげている

 

まとめ

いかがでしたか?

 

改めてハイフンのポイントをまとめてみましょう。

 

ポイント
  • 21~99までの数詞表現に使用(例:twenty-five, ninety-nine)
  • 分数表現に使用(例:two-thirds, one-fourth)
  • 複合語に使用(例:self-control)
  • 曖昧さ回避に使用(例:two-hundred-year-old treesとtwo hundred-year-old trees)
  • 改行時に単語が切れる場合に音節部分に使用(例:hy-(改行)phenated)

 

 

こうしてみるとハイフンも中々奥が深いですね。

 

ぜひ、今後はハイフンにも注意を向けつつ英文に触れてくださいね。

 

 

なお、ハイフンの他にも、アポストロフィなど英語の記号を下記にて取り上げていますので、よろしければお読みくださいね。

ハイフンやアポストロフィ等の英語の記号関連記事一覧

 

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法記号
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント