【もし~】条件の接続詞まとめ【suppose, providing, on condition等】

仮定法

「もし~なら(条件)」という表現ってなに?、と聞かれたら、真っ先にifが思い浮かぶことと思います。

 

ただ、似たような意味を持つ表現はほかにもいくつかあるので、これを機会に一気にまとめて紹介したいと思います。一部紛らわしい表現もあるので、要チェックです!

 

条件のif「もし~なら」と類似の表現

まずは下記の表をご覧ください。

 

上の表が条件のif「もし~なら」、下の表がeven if「たとえ~だとしても」の表現まとめです。

 

原形 現在分詞 過去分詞

もし~なら

≒if

suppose (that) supposing (that)
providing (that) provided (that)
on condition that

 

原形 現在分詞 過去分詞

もし~だとしても

≒even if

granting (that) granted (that)

 

ポイントは、

①supposeのみ「原形、現在分詞OK」、その他は「現在分詞、過去分詞OK」

②on condition thatのみ「that省略NG」、「その他はthat省略OK」

という点です。

 

例文つきで順番に見ていきます。

 

「もし~なら」if

ifと類似の表現は、suppose, supposing, providing, provided, on condition thatですね。

 

If it rains, we will put off the game.

= Suppose (that) it rains, we will put off the game.

= Supposing (that) it rains, we will put off the game.

= Providing (that) it rains, we will put off the game.

= Provided (that) it rains, we will put off the game.

= On condition that it rains, we will put off the game.

(もし雨が降るなら、我々はその試合を延期する)

 

なお、

supposeには「~と思う、考える」、

provideには「~を与える、規定する」、

conditionには「状態、状況」

という意味があります。

 

suppose that~なら「~と考えると」

providing that~なら「~と(いう状況を)与えると、想定すると」

on condition that~なら「~という状況では」

という直訳になり、全て「もし~なら」と同様の意味を示すことになりますね。

 

「もし~だとしても」even if

次はeven ifと類似の表現です。ifとは少し意味が異なるので、注意が必要です。

 

Even if it rains, we will not put off the game.

= Granting (that) it rains, we will not put off the game.

= Granted (that) it rains, we will not put off the game.

(もし雨が降るにしても、我々はその試合を延期しない)

 

「もし~があっても、俺たちは立ち向かっちゃうぜ、諦めないぜ」そんな表現ですね。

 

ちなみに、grantには「承諾する、認める」という意味があります。

 

granting that~で「~ということを認めるにしても」という直訳になり、「もし~だとしても」とほぼ同様の意味になりますね。

 

仮定のifではsuppose, supposing以外使用不可!

上記で取り上げたのは、条件のif (あるいはeven if)の話なんですね。

仮定のif(あるいはeven if)の話とは区別しなければならないのです。

 

仮定のifと置き換え可能なのは、以下の表現のみです。

 

仮定のifと置き換え可能
  • suppose (that)
  • supposing (that)

 

 

条件のif/仮定のifの違いとは?

条件のif/仮定のifの違いってなに??

 

ポイントは、「妄想ワールドに入っているかどうか?」です。

次の例文を見てください。上が条件のif、下が仮定のifです。

 

 

【条件】If it rains, we will put off the game.

(もし雨が降れば、我々はその試合を延期する

 

【仮定】If I were a bird, I would fly to you.

(もしわたしが鳥ならば、わたしはあなたの所へ飛んでいくのに

 

まず上の条件のifの例文から。こちらは「もし雨が降れば~」という文ですね。

 

まあ、雨が降るかどうかわからないけれども、雨が降る可能性は否定できない。普通に雨って降る可能性があるよね。現実に起こり得るよね。そういう発想で書かれた文なんですね。だから「rains, will」というように、通常の時制が使われているんです。

 

一方、下の仮定のifの例文は、日本語だけ見れば「もし~ならば」ですが、意味合いは全く異なります。それは、「わたしが鳥になる」という非現実的な仮定、あり得ない仮定を置いているところです。ドラえもんの秘密道具でも使わない限り、現実世界で「わたしが鳥になる」なんてことはあり得ないんです。

 

このように、「これはあり得ない仮定なんだけど、もし~」というニュアンスを出したい場合、仮定のifの登場です。見分け方は時制です。

 

「わたしが鳥なら、あなたの所へ飛んでいく」って現在の話をしていますよね。にもかかわらず、動詞の時制はwere, would flyと、一つ過去にずれています。過去に時制をずらすことで、「これはあり得ない仮定なんだけど、もし~」というニュアンスを出しているわけですね。

 

このような仮定のifのときは、suppose, supposing以外置き換えはいけないですよ、という話です。

 

If I were a bird, I would fly to you.

= Suppose (that) I were a bird, I would fly to you.

= Supposing (that) I were a bird, I would fly to you.

(もしわたしが鳥ならば、わたしはあなたの所へ飛んでいくのに

 

これは余談ですが、何があり得ない仮定で、何があり得る仮定か?は、文脈や書き手の考え方次第です。

 

たとえば、If it rained~「あり得ないことだけど、もし雨が降れば」みたいな文章も、文脈次第ではあるわけです。例えばチリのアタカマ砂漠なんかでは、500年間雨の降らなかった時期があったそうで、そんな地域の話をするときは、rainをrainedにしてもいいわけです。

 

また、If I were a bird~も同様で、漫画の中で、ドラえもんの発言として使われるのであれば、If I am a bird~みたいな表現もあるかもしれないわけです。秘密道具使えば「鳥になる」という話も普通にあり得るわけですから。

 

おわりに

あらためてポイントをまとめておきます。条件のifと仮定のifの区別はちょっと難しいかもしれないですが、ifを使いこなすためには必須の理解です。ぜひマスターしてくださいね。

 

原形 現在分詞 過去分詞

もし~なら

≒if(条件)

suppose (that) supposing (that)
providing (that) provided (that)
on condition that

 

原形 現在分詞 過去分詞

もし~だとしても

≒even if(条件)

granting (that) granted (that)

 

ポイントまとめ
  • supposeのみ「原形、現在分詞OK」、その他は「現在分詞、過去分詞OK」
  • on condition thatのみ「that省略NG」、その他は「that省略OK」
  • suppose (supposing)のみ仮定のifにも流用OK。その他はNG
  • 条件のifは「現実にあり得る話」、仮定のifは「現実にあり得ない話」に使用

それではまた!


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
仮定法接続詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] <参考>条件の接続詞まとめ【suppose, providing, on condition等】 […]

  2. 敦見正治 より:

    on condition that that となっていますよ。