【もし~】条件の接続詞まとめ【suppose, providing, on condition等】

仮定法

 

「もし~なら(条件)」という表現ってなに?、と聞かれたら、真っ先にifが思い浮かぶことと思います。

 

ただ、似たような意味を持つ表現はほかにもいくつかあるので、これを機会に一気にまとめて紹介したいと思います。一部紛らわしい表現もあるので、要チェックです!

 

条件のif「もし~なら」と類似の表現

まずは下記の表をご覧ください。

 

上の表が条件のif「もし~なら」、下の表がeven if「たとえ~だとしても」の表現まとめです。

 

原形現在分詞過去分詞

もし~なら

≒if

suppose (that)supposing (that)
providing (that)provided (that)
on condition that

 

原形現在分詞過去分詞

もし~だとしても

≒even if

granting (that)granted (that)

 

ポイントは、

①supposeのみ「原形、現在分詞OK」、その他は「現在分詞、過去分詞OK」

②on condition thatのみ「that省略NG」、「その他はthat省略OK」

という点です。

 

例文つきで順番に見ていきます。

 

「もし~なら」if

ifと類似の表現は、suppose, supposing, providing, provided, on condition thatですね。

 

If it rains, we will put off the game.

= Suppose (that) it rains, we will put off the game.

= Supposing (that) it rains, we will put off the game.

= Providing (that) it rains, we will put off the game.

= Provided (that) it rains, we will put off the game.

= On condition that it rains, we will put off the game.

(もし雨が降るなら、我々はその試合を延期する)

 

なお、

supposeには「~と思う、考える」、

provideには「~を与える、規定する」、

conditionには「状態、状況」

という意味があります。

 

suppose that~なら「~と考えると」

providing that~なら「~と(いう状況を)与えると、想定すると」

on condition that~なら「~という状況では」

という直訳になり、全て「もし~なら」と同様の意味を示すことになりますね。

 

「もし~だとしても」even if

次はeven ifと類似の表現です。ifとは少し意味が異なるので、注意が必要です。

 

Even if it rains, we will not put off the game.

= Granting (that) it rains, we will not put off the game.

= Granted (that) it rains, we will not put off the game.

(もし雨が降るにしても、我々はその試合を延期しない)

 

「もし~があっても、俺たちは立ち向かっちゃうぜ、諦めないぜ」そんな表現ですね。

 

ちなみに、grantには「承諾する、認める」という意味があります。

 

granting that~で「~ということを認めるにしても」という直訳になり、「もし~だとしても」とほぼ同様の意味になりますね。

 

仮定のifではsuppose, supposing以外使用不可!

上記で取り上げたのは、条件のif (あるいはeven if)の話なんですね。

仮定のif(あるいはeven if)の話とは区別しなければならないのです。

 

仮定のifと置き換え可能なのは、以下の表現のみです。

 

仮定のifと置き換え可能
  • suppose (that)
  • supposing (that)

 

 

条件のif/仮定のifの違いとは?

条件のif/仮定のifの違いってなに??

 

ポイントは、「妄想ワールドに入っているかどうか?」です。

次の例文を見てください。上が条件のif、下が仮定のifです。

 

 

【条件】If it rains, we will put off the game.

(もし雨が降れば、我々はその試合を延期する

 

【仮定】If I were a bird, I would fly to you.

(もしわたしが鳥ならば、わたしはあなたの所へ飛んでいくのに

 

まず上の条件のifの例文から。こちらは「もし雨が降れば~」という文ですね。

 

まあ、雨が降るかどうかわからないけれども、雨が降る可能性は否定できない。普通に雨って降る可能性があるよね。現実に起こり得るよね。そういう発想で書かれた文なんですね。だから「rains, will」というように、通常の時制が使われているんです。

 

一方、下の仮定のifの例文は、日本語だけ見れば「もし~ならば」ですが、意味合いは全く異なります。それは、「わたしが鳥になる」という非現実的な仮定、あり得ない仮定を置いているところです。ドラえもんの秘密道具でも使わない限り、現実世界で「わたしが鳥になる」なんてことはあり得ないんです。

 

このように、「これはあり得ない仮定なんだけど、もし~」というニュアンスを出したい場合、仮定のifの登場です。見分け方は時制です。

 

「わたしが鳥なら、あなたの所へ飛んでいく」って現在の話をしていますよね。にもかかわらず、動詞の時制はwere, would flyと、一つ過去にずれています。過去に時制をずらすことで、「これはあり得ない仮定なんだけど、もし~」というニュアンスを出しているわけですね。

 

このような仮定のifのときは、suppose, supposing以外置き換えはいけないですよ、という話です。

 

If I were a bird, I would fly to you.

= Suppose (that) I were a bird, I would fly to you.

= Supposing (that) I were a bird, I would fly to you.

(もしわたしが鳥ならば、わたしはあなたの所へ飛んでいくのに

 

これは余談ですが、何があり得ない仮定で、何があり得る仮定か?は、文脈や書き手の考え方次第です。

 

たとえば、If it rained~「あり得ないことだけど、もし雨が降れば」みたいな文章も、文脈次第ではあるわけです。例えばチリのアタカマ砂漠なんかでは、500年間雨の降らなかった時期があったそうで、そんな地域の話をするときは、rainをrainedにしてもいいわけです。

 

また、If I were a bird~も同様で、漫画の中で、ドラえもんの発言として使われるのであれば、If I am a bird~みたいな表現もあるかもしれないわけです。秘密道具使えば「鳥になる」という話も普通にあり得るわけですから。

 

おわりに

あらためてポイントをまとめておきます。条件のifと仮定のifの区別はちょっと難しいかもしれないですが、ifを使いこなすためには必須の理解です。ぜひマスターしてくださいね。

 

原形現在分詞過去分詞

もし~なら

≒if(条件)

suppose (that)supposing (that)
providing (that)provided (that)
on condition that

 

原形現在分詞過去分詞

もし~だとしても

≒even if(条件)

granting (that)granted (that)

 

ポイントまとめ
  • supposeのみ「原形、現在分詞OK」、その他は「現在分詞、過去分詞OK」
  • on condition thatのみ「that省略NG」、その他は「that省略OK」
  • suppose (supposing)のみ仮定のifにも流用OK。その他はNG
  • 条件のifは「現実にあり得る話」、仮定のifは「現実にあり得ない話」に使用

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
仮定法 接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] <参考>条件の接続詞まとめ【suppose, providing, on condition等】 […]

  2. 敦見正治 より:

    on condition that that となっていますよ。