【語源でイメージ】”接尾辞 er, or”の英単語まとめ【actor/auctioneer…】

基本表現・語源

 

今回は“er, or, ar, eer”を接尾辞に含む単語をまとめてみました。

 

語源から考えると、様々な単語を一気に本質理解することが出来ます。

 

一体どのようなものなのか? サクッと確認していきましょう!

 

※接尾辞とは、単語の末尾のつづりのことです。単語の品詞を大きく変える傾向があります。

 

“er, or, ar, eer”を含む英単語まとめ

接尾辞”er, or, ar, eers”には、

  • er, or, ar, eer: ~する人/モノ

する役割があることを意識してください。

 

 

「actor: 俳優」や「engineer: エンジニア」など、「人/モノ」という意味になっていますよね。

 

※アクセントはeerの部分に来ます。発音をよく間違えるので注意しましょう。

  • auctioneer: 競売人
  • career: 仕事、職業
  • pioneer: パイオニア、先駆者
  • volunteer: ボランティア

 

 

また、「employer: 雇用者」という単語がありますが、「employee: 従業員、被雇用者」のように、語尾がeeになると、「~される人」という意味になる点も要チェックです。

 

 

下記には代表的な単語をいくつかピックアップしてみました。「er, or, ar, eer: ~する人/モノ」という観点から眺めてみてくださいね。

 

ポイント
  • actor: 俳優(「act: 行動する」)
  • censor: 検閲官、検閲
  • conductor: 指揮者(「conduct: 行う」)
  • dictator: 独裁者(「dict: 言う」)
  • doctor: 医者
  • employer: 雇用者(「employ: 雇う」)
  • professor: 教授
  • recorder: 記録装置、録音機
  • scholar: 学者
  • volunteer: ボランティア
  • writer: 作家

 

  • auctioneer: 競売人(「auction: オークション」)
  • engineer: エンジニア
  • career: 仕事、職業
  • pioneer: パイオニア、先駆者

 

 

なお、頻度としてはorよりもerの方が多いようです。他にも細かい違いがあるので、興味のある方は堀田氏のブログをご参照ください。

 

英語の「なぜ?」に答える はじめての英語史の著者でもあり、普通は絶対に知らないような知識が満載です。わたしもちょくちょく参考にさせて頂いています。

 

おわりに

いかがでしたか? 語源は威力抜群なので、超オススメの単語勉強法です。たくさんの文章を読み込むのと並行で、語源学習も出来ると効果抜群だと思います。

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がイチオシです。なぜか一般の書店ではあまり見かけない気がします。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

また、辞書のジーニアス英和辞典 第5版は語源の説明が充実しているのでおススメです。(そして、辞書としても最も使い勝手が良いように感じます)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント