【英語語源sist】insist, consist, persistの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

講師のNです。

 

今回は、insist, consist, persist…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

どんな説明になるのかな?

 

中心はsist「立つ」

今回中心になっているのは、sistです。

 

sistには「立つ (=stand)」という意味があります。

 

たとえばどんな単語に使われているの?

 

 

exist「存在する」という単語がなじみ深いかもしれません。

  • ex-:外に
  • -sist:立つ

 

 

「外に立つ」

「存在する」

というわけですね。

 

 

sistは「立つ」

 

このことを頭に入れたうえで、様々な単語を見ていきましょう!

 

insist「~だと主張する」

insist「~だと主張する」は次のように考えてみましょう。

 

  • in-:中に
  • -sist:立つ

 

 

つまり、

「中に+立つ」

「ある考えの中に立ち続ける」

「固執する」

「~だと主張する」

となるわけです。

 

consist「成り立っている」

consist「成り立っている」は次のように考えてみましょう。

 

  • con-:ともに
  • -sist:立つ

 

 

つまり、

「ともに+立つ」

「成り立っている」

となるわけです。

 

 

なおこの単語は、consist of~「~から成り立っている」

という形で使われることが非常に多いです。

 

例文はコチラ。

Life consists of making choices.

(人生は、選択をすることから成り立っている)

 

Lifeとmaking choicesが、

「一緒に(con) 立っている (sist)」というイメージです。

 

そのため、「人生は選択をすることから成り立っている」という意味になるのです。

 

persist「持続する」

persist「持続する、固執する」は次のように考えてみましょう。

 

  • per-:通して (=per)
  • -sist:立つ

 

 

つまり、

「通して+立つ」

「立ち続ける」

「持続する、固執する」

となるわけです。

 

 

なお、この単語はpersist in~「~に固執する」の形で使われることが多いです。

He persists in saying that his mother is right.

(彼は、彼の母親が正しいと言うことに固執している)

 

assist「~を手助けする」

assist「~を手助けする」は次のように考えてみましょう。

 

  • as-:~に (ad-と同じ)
  • -sist:立つ

 

 

つまり、

「~に+立つ」

「~の立場に立ってやる」

「~を手助けする」

となるわけです。

 

 

この単語は、「アシストする (=手助けする)」という日本語から考えた方が早いかもしれませんね。笑

 

なんじゃそりゃ!

 

 

resist「~に抵抗する」

resist「~に抵抗する」は次のように考えてみましょう。

 

  • re-:応酬、後退、再び
  • -sist:立つ

 

 

つまり、

「応酬+立つ」

「~にやり返して立つ」

「~を抵抗する」

となるわけです。

 

 

なお、resistanceで「抵抗」という意味の名詞になります。

 

「レジスタンス (=抵抗軍) *」という表現になじみのある方は、

無理に語源から覚える必要もないかもしれません。

* the Resistanceで「抵抗軍」という意味になります。

 

desist「断念する」

desist「断念する、やめる」は次のように考えてみましょう。

 

  • de-:分離、反対
  • -sist:立つ

 

 

つまり、

「離れて+立つ」

「断念する、やめる」

となるわけです。

 

 

desist from~「~を断念する、やめる」という形で使われます。

He desisted from smoking.

(彼はタバコをやめた)

 

subsist「生きながらえる」

subsist「生きながらえる」は次のように考えてみましょう。

 

  • sub-:下に
  • -sist:立つ

 

 

つまり、

「下に+立つ」

「どうにか存在する」

「生きながらえる」

となるわけです。

 

雑談

記事をまとめていてふと思ったのですが、

 

sistを持つ単語は、

自動詞としての用法がメインであることが多い気がしました。

 

sist自体が「立つ (=stand)」という自動詞*から来ていることと関係しているのでしょうか。

知っている方がいれば教えてください。笑

* standには他動詞「~に耐える、我慢する」という意味もあります。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いします。

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれないです)

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] sist (= stand 立つ) […]