【英語語源rupt】abrupt, corrupt, erupt…の意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、

abrupt, corrupt, erupt, interrupt, disrupt

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

 

さあ始めよう!

 

 

中心はrupt「破れた」

今回中心になっているのは、ruptです。

 

ruptには「破れた (=broken)」という意味があります。

 

 

少し難しいですが、

bankrupt「破産した」

という単語があります。

 

これは次のように分解できるのですね。

  • bank-:銀行
  • -rupt:破れた

 

つまり、「破れた銀行」→「破産した」というわけです。

 

 

ruptの語源は「破れる」

 

このことを頭に入れたうえで、様々な単語を見ていきましょう!

 

abrupt「突然の、不意の」

abrupt「突然の、不意の」は次のように考えてみましょう。

 

  • ab-:離れて
  • -rupt:破れる

 

 

つまり、

「離れて+破れる」

「離れてパンッと破れる」

「突然の、不意の」

となるわけです。

 

 

これは強引では??

 

…気を取り直して次へ行きましょう。

 

corrupt「腐敗した、堕落した」

corrupt「腐敗した、堕落した」は次のように考えてみましょう。

 

  • cor-:完全に (com-やcon-と同じ)
  • -rupt:破れた

 

 

つまり、

「完全に+破れた」

「腐敗した、堕落した」

となるわけです。

 

erupt「噴火する」

erupt「噴火する」は次のように考えてみましょう。

 

  • e-:外に (ex-と同じ)
  • -rupt:破れた

 

 

つまり、

「外に+破れた」

「噴火する」

となるわけです。

 

 

中に溜まっていたものが外に向かって破れ出すイメージですね。

 

interrupt「~を中断する、邪魔する」

interrupt「~を中断する、邪魔する」は次のように考えてみましょう。

 

  • inter-:~の間に
  • -rupt:破れた

 

 

つまり、

「~の間に+破れた」

「物事と物事の間に破れた場所がある

「~を中断する、邪魔する」

となるわけです。

 

 

イメージ的には、こんな感じでしょうか。

続いていた物事が、「XXX」の部分で破れて途切れるイメージですね。

 

→→→ XXX →→

 

disrupt「~を混乱させる、崩壊させる」

disrupt「~を混乱させる、崩壊させる」は次のように考えてみましょう。

 

  • dis-:分離・反対
  • -rupt:破れた

 

 

つまり、

「離れて+破れた」

「離れた場所で破くとグチャグチャになる

「~を混乱させる、崩壊させる」

となるわけです。

 

 

dis-も-ruptもネガティブな意味を持っていますが、

それがダブルで起きたのでスッチャカメッチャカ、というイメージですね。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いいたします。

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] rupt (= broken 破れた) […]