【初心者必見】TOEIC副詞問題の解法を徹底解説【副詞問題②】

TOEIC対策

こんにちは、講師のNです。今日はお待ちかねの副詞問題解答編です。前回記事の知識を踏まえ、TOEICの副詞問題を徹底的に攻略してしまいましょう!

 

<前回の記事>副詞とは?役割を徹底解説【副詞問題①】

 

TOEIC副詞問題の解答

早速問題を解いてみましょう。

 

While travel agency offers the packages at the same price, there are (       ) different countries.

(A) markedly

(B) marked

(C) marks

(D) marking

 

まず、選択肢に似たような単語が並んでいることを確認します。形容詞問題でもそうでしたが、副詞問題の場合も、選択肢に似たような単語が並んでいる可能性が非常に高いです。

 

選択肢に似たような単語がたくさんある場合は、かっこの前後を探ってみましょう。

 

 

今回はかっこのすぐ後ろに、different countriesという単語が並んでいます。これはdifferent(=別々の)という形容詞と、countries(=国)という名詞です。

 

これは「別々の→国」という関係ですね。「国」という名詞を、「別々の」という形容詞が説明しています。

 

さらに、かっこがその直前にあることに注目し、「(        )→別々の→国々」という関係ではないかと考えるのです。

 

(  )に入る単語は、「別々の」という形容詞(名詞以外の単語)を説明するハズなので、ここで選ぶべきは副詞。

 

副詞の語尾は、”-ly”

 

もちろん例外もありますが、”-ly”が語尾であれば、その単語は副詞である可能性が浮上に高いです。副詞は、形容詞と比べ覚えるのが圧倒的に楽なのです。

 

そんなわけで、今回は副詞である(A) markedly(=とても、著しく)が答えです。

「著しく→別々の→国」ということで、意味的にも問題はなさそうですね。

 

これも、単語の意味を知らなくたって解けそうな気がしませんか?

 

解き方の手順はこうです。

 

TOEIC副詞問題の解法手順
  1. 選択肢が似たような単語ばかり
  2. かっこの前後が形容詞(もしくは名詞以外の単語)
  3. 副詞を選ぶ!(「~ly」を探してみる)

 

 

解き方はTOEIC形容詞問題とよく似ていますね。

 

言い方を変えれば、「形容詞問題なのか副詞問題なのか」を見極めた時点で、この種の問題はほぼ解けてしまうということです。

 

おわりに

さて、副詞問題もこれで終わりです。

 

 

なんか解けそうなカンジがする…!!

 

その解けそうなカンジを大切にしてください。イケそう、できそう、という感覚を持つことが出来れば、勉強がずっとずっと楽しいものになるハズです。

 

今回も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 

質問などはコメント欄で受け付けます。それでは!

 

<練習問題>

副詞問題の演習を用意してみました!

副詞練習問題【1問目】

副詞練習問題【2問目】


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
TOEIC対策
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 副詞問題解説②→解法解説【副詞問題②】 […]

  2. […] 副詞問題解説②→解法解説【副詞問題②】 […]