【英語語源tor】torture, distort, retort…の意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、

torture, tortuous, distort, retort, extort,

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

 

はてさて

 

中心はtort「ねじる」

今回中心になっているのは、tortです。

 

tortには「ねじる (=twist)」という意味があります。

 

なんか知ってる単語に使われていたりする?

残念ながら、身近な単語にはあまり使われていない気がします。

 

 

じゃあ語源から学ぶ意味なくない?

 

ただ、tort (=twist)が頭に入っていると、

いくつかの単語を一網打尽に出来るのですね。

 

 

なので、騙されたと思い、

tortには「ねじる (=twist)」を頭に入れたうえで、

様々な単語を見ていきましょう!

 

torture「拷問」

torture「拷問、苦痛、苦悩」は次のように考えてみましょう。

 

  • tort-:ねじる
  • -ure:単語を名詞化

 

 

つまり、

「ねじる+コト」

「ねじられるとメチャクチャ痛い」

「拷問、苦痛、苦悩」

となるわけです。

 

tortuous「曲がりくねった、回りくどい」

tortuous「曲がりくねった、回りくどい」は次のように考えてみましょう。

 

  • tort-:ねじる
  • -ous:単語を形容詞化(「~の多い」「~に富む」という意味になりやすい)

 

 

つまり、

「ねじる+に富む」

「ねじれまくっている」

「曲がりくねった、回りくどい」

となるわけです。

 

distort「~を歪める」

distort「~を歪める」は次のように考えてみましょう。

 

  • dis-:分離、反対
  • -tort:歪める

 

 

つまり、

「分離+ねじる」

「分離してねじる」

「グチャグチャになる」

「~を歪める」

となるわけです。

 

retort「~と言い返す」

retort「~と言い返す」は次のように考えてみましょう。

 

  • re-:元に、再び、後退
  • -tort:ねじる

 

 

つまり、

「元に+ねじる」

「相手にねじられたモノを、元にねじり返す」

「~と言い返す」

となるわけです。

 

 

相手から「ガーガーガー」と言われたとき、

「コノヤロー」と相手の言い分をねじり返してやるイメージですね。

 

ちなみに、「言う系の動詞」にありがちなパターンですが、

後ろにthat節(thatのカタマリ)を伴うことが多いです。

 

extort「~をゆすり取る」

extort「~をゆすり取る」は次のように考えてみましょう。

 

  • ex-:外に
  • -tort:ねじる

 

 

つまり、

「外に+ねじる」

「相手をねじって外に取り出す」

「~をゆすり取る」

となるわけです。

 

 

ちなみに、語尾に-ion (単語を名詞化)を付けると、

extortion「恐喝、ゆすり」

という意味になります。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がおススメです。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント

  1. […] tort (= twist ねじる) […]