【語源でイメージ】”接尾辞 ess”の英単語まとめ【女性化】

基本表現・語源

 

今回は“ess”を接尾辞に含む単語をまとめてみました。

 

語源から考えると、様々な単語を一気に本質理解することが出来ます。

 

一体どのようなものなのか? サクッと確認していきましょう!

 

※接尾辞とは、単語の末尾のつづりのことです。単語の品詞を大きく変える傾向があります。

 

“ess”を含む英単語まとめ

essには、

  • ess: 単語を女性化

というイメージがあることを意識してください。

 

 

たとえば、「stewardess: スチュワーデス」は女性の客室乗務員のことですよね。ちなみに、男性の客室乗務員は「steward: スチュワード、乗客係」と言います。

 

他にも「waitress: ウェートレス(女性の接客係)」も日本語に馴染んでいる表現ですね。男性の接客係は「waiter: 接客係」と言います。

 

 

このように、essには単語を女性化する役割があります。ただ、essには「小さい」というややマイナスの意味があったり、昨今は男女の違いを失くす方向で世論が動いているので、essがつく単語を自分からは使わない方が無難だと思います。

 

 

ひとまず、「ess: 単語を女性化」というイメージを意識しつつ、下記の単語に目を通してみると単語の理解が楽になると思います。

 

ポイント
  • actress: 女優
  • authoress: 女流作家
  • goddess: 女神
  • hostess: 女主人
  • lioness: メスライオン
  • mistress: 恋人(男から見た)、女主人
  • poetess: 女性詩人
  • princess: 王女
  • stewardess: スチュワーデス(女性の客室乗務員)
  • waitress: ウェートレス(女性の接客係)

 

おわりに

いかがでしたか? 語源は威力抜群なので、超オススメの単語勉強法です。たくさんの文章を読み込むのと並行で、語源学習も出来ると効果抜群だと思います。

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がイチオシです。なぜか一般の書店ではあまり見かけない気がします。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabularyは全て英語での記述となりますが、記述がかなり充実していて、英語が比較的平易なので読みやすいです。なるほどと思わせる記述も多いです。

 

 

Merriam-Webster’s Vocabulary Builderも英語での記述ですが、やはり充実しています。英語が少し難しいので、中~上級者用でしょう。

 

 

また、辞書のジーニアス英和辞典 第5版は語源の説明が充実しているのでおススメです。(そして、辞書としても最も使い勝手が良いように感じます)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント