【英語語源labor】laboratory, elaborate, collaborateの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

講師のNです。

 

今回は、laboratory, elaborate, collaborate…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

どんな説明になるのかな?

 

中心はlabor「労働」

今回中心になっているのは、laborです。

 

laborには「労働 (=labor)」という意味があります。

 

これはそのまんま、laborという単語が「労働」という意味合いで存在するのですね。

註:イギリスだとスペルはlabourです

 

laboratory「研究室」

laboratoryには「研究室、研究室」という意味があります。

 

そういえば、「ラボ(研究室)」って

日本語があるね!

 

 

そうですね。これは、日本語にもなじんでいる表現かもしれません。

ただ、大事な語源がいくつか含まれていますので、細かくチェックしていきましょう。

 

  • labor-:労働
  • -ate:単語を動詞化「~する」(単語を形容詞化することも)
  • -ory:場所

 

 

つまり、

「労働+する+場所」

「研究室、実験室」

となるわけです。

 

ちなみに、-oryを使った単語には、

dormitory:寮(dormit 眠る + ory 場所)

がありますね。

 

elaborate「手の込んだ」

elaborateには「手の込んだ、凝った、綿密な」という意味があります。

 

これは次のように分解できます。

  • e-:完全に (ex-と同じ)
  • labor-:労働
  • -ate:単語を動詞化「~する」(単語を形容詞化することも←今回はコッチ)

 

 

つまり、

「完全に+労働+形容詞」

「完全に労働するほどやり込む+形容詞」

「手の込んだ、凝った、綿密な」

となるわけです。

 

collaborate「協力する」

collaborateには「協力する、共同して働く」という意味があります。

 

これは次のように分解できます。

  • col-:ともに (com-と同じ)
  • labor-:労働
  • -ate:単語を動詞化「~する」(単語を形容詞化することも)

 

 

つまり、

「ともに+労働+する」

「協力する、共同して働く」

となるわけです。

 

ちなみに、「~とコラボする」なんて日本語がありますね。

これは英語のcollaborate with~「~と協力する、共同して働く」からきています。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] labor (= labor 労働) […]