【英語語源mount】amount, surmount, dismount…の意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、

amount, surmount, dismount,

paramount, tantamount…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

 

どんな説明になるのかな?

 

 

中心はmount「登る」

今回中心になっているのは、mountです。

 

mountには「登る」という意味があります。

 

mountain「山、マウンテン」と同じ?

 

 

その通りです。

 

mount自体に「~に登る、上がる」という意味があり、

mountainの語源もそこにあるのです。

 

 

mountの語源は「登る」

 

このことを頭に入れたうえで、様々な単語を見ていきましょう!

 

amount「量」

amount「量」は次のように考えてみましょう。

 

  • a-:~に
  • -mount:登る

 

 

つまり、

「~に+登る」

「~に昇るように、山になっている量」

「量」

となるわけです。

 

 

 

上記のように、山のように盛られている感じでしょうか。

だから「量」というわけなのです。

 

 

 

なるほど!

 

surmount「~を乗り越える」

surmount「~を乗り越える、克服する」は次のように考えてみましょう。

 

  • sur-:~の上に*
  • -mount:登る

* surcharge (燃料サーチャージ = さらなる上乗せ)のイメージです。

 

 

つまり、

「~の上に+登る」

「~を乗り越える、克服する」

となるわけです。

 

dismount「降りる」

dismount「降りる」は次のように考えてみましょう。

 

  • dis-:反対・分離
  • -mount:登る

 

 

つまり、

「反対+登る」

「登るの反対は降りる」

「降りる」

となるわけです。

 

paramount「最高の」

paramount「最高の」は次のように考えてみましょう。

 

  • para-:~を通して (=per)
  • -mount:登る

 

 

つまり、

「~を通して+登る」

「山に登ることを通して」

「山の頂上

「最高の」

となるわけです。

 

 

やや強引では…?

 

ハリウッドの映画会社にParamount Pictures Coroperation

というものがあるのをご存知ですか?

 

山のマークと共に、映画の前に出てくるロゴです。

 

これはおそらく、「最高の映画会社」という意味合いも込められているのでしょう。

 

 

paramountについては、ひょっとしたら映画の方から覚えた方が早いかもしれません。

 

tantamount「同等の」

tantamount「同等の、同然の、等しい」は次のように考えてみましょう。

 

  • tanta-:それほどに
  • -mount:登る

 

 

つまり、

「それほどに+登る」

「同じくらい登る

「同等の、同然の、等しい」

となるわけです。

 

 

これは語源から覚えることが難しいかもしれませんね。

特に、tanta-の部分は意味不明だと思います。

 

 

そんなときは、語源にこだわらず普通に覚えてしまいましょう。

(mountが含まれているので、それはじゃっかんヒントになるでしょうか)

 

 

語源が全てじゃないってことだね!

そういうことです。

 

場合によっては、「多少ヒントになれば」

くらいの気持ちで捉えてもらえればと思います。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いいたします。

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント