【英語語源pose】expose, impose, opposeの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、expose, impose, oppose…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

中心はpose「置く」

今回中心になっているのは、poseです。

 

poseには「置く (=place)」という意味があります。

 

 

position「位置、立場」が直感的には理解しやすいでしょうか。

「置かれた立場」とか言いますよね。

 

poseには「置く」という意味があるのです。

 

 

これをもとに、下記の単語の意味を捉えていきましょう!

 

expose「~をさらす」

expose「~をさらす、暴露する」は、次のように考えてみましょう。

 

  • ex-:外に
  • -pose:置く

 

 

つまり、

「外に+置く」

「外にさらすように置く」

「~をさらす、暴露する」

となるわけです。

 

exposure「暴露、被爆」

ちなみに、exposureで「暴露、被爆」という意味になります。

 

  • expose-:~を暴露する、さらす
  • -ure:単語を名詞化

 

 

つまり、

「~をさらす、暴露する+コト」

「暴露、被爆、さらすこと」

となるわけです。

 

impose「~を課す、負わせる」

impose「~を課す、負わせる」は、次のように考えてみましょう。

 

  • im-:~へ、中へ(in-と同じ)
  • -pose:置く

 

 

つまり、

「~へ+置く」

「誰かへ何かを置く」

「~を課す、負わせる」

となるわけです。

 

 

ちなみに、「誰かに何かを置く」というイメージの通り、

impose O on~:~にOを課す

 

と、onとの組み合わせで使われることも多いです。

 

誰かの上に何かを置くイメージですね。

 

oppose「~に反対する」

oppose「反対する」は、次のように考えてみましょう。

 

  • op-:~に対して
  • -pose:置く

 

 

つまり、

「~に対して+置く」

「誰かに対して、対抗するモノを置く」

「~に反対する」

となるわけです。

 

 

ちなみに、

  • We oppose the plan. (我々はその計画に反対している)

のように、opposeは他動詞として使用されています。

 

 

「~に反対する」という日本語に引っ張られ、

oppose toとやってしまいがちなので、注意してくださいね。

 

toは不要なのです。

 

op-に「~に対して」という意味がすでに入っているので、

toを入れると「~に対してに対して」と意味がダブってしまいます。

 

なるほど!

 

compose「~を作曲する、構成する」

compose「~を作曲する、構成する」は、次のように考えてみましょう。

 

  • com-:一緒に
  • -pose:置く

 

 

つまり、

「一緒に+置く」

「バラバラの要素を一緒に置き、何かを作る」

「~を作曲する、構成する」

となるわけです。

 

composition「曲、作品、構成」

ちなみに、compositionで「曲、作品、構成」という意味になります。

 

  • compose:~を作曲する、構成する
  • -tion:単語を名詞化

 

 

つまり、

「~を作曲する、構成する+コト」

「曲、作品、構成」

となるわけです。

 

dispose「~を配列する」

dispose「~を配列する」は、次のように考えてみましょう。

 

  • dis-:分離、反対
  • -pose:置く

 

 

つまり、

「分離+置く」

「一つ一つを分けて置く」

「~を配列する」

 

 

なお、dispose of~で「~を処分する」という意味になります。

 

これは、

「反対+置く」

「置くコトの反対」

「処分する」

という理解でOKですね。

 

その他

その他の単語も見ていきましょう。

 

結構重要な単語も含まれていますよ!

 

propose「~を提案する」

propose「~を提案する」は、次のように考えてみましょう。

 

  • pro-:前に
  • -pose:置く

 

 

つまり、

「前に+置く」

「相手の前に何かを置いてみせる」

「~を提案する」

となるわけです。

 

 

ちなみに、「プロポーズ(結婚の申し込み)」の意味でも使います。

これも、「結婚を提案する」という理解でOKですね。

 

suppose「~と思う」

suppose「~と思う」は、次のように考えてみましょう。

 

  • sup-:下に(=sub)
  • -pose:置く

 

 

つまり、

「下に+置く」

「下に置いて考える」

「~と思う」

となるわけです。

 

depose「~と思う」

depose「~を退陣させる、退位させる」は、次のように考えてみましょう。

 

  • de-:下降/分離/否定(=マイナスのイメージ)
  • -pose:置く

 

 

つまり、

「王などの偉い人をマイナス方向に+置く」

「~を退陣させる」

となるわけです。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

ご不明な点等あれば、コメント欄までお願いいたします。

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] pose (= place 置く) […]

  2. ロヒオナン より:

    deposeはどうなりますか?

    • N N より:

      コメントありがとうございます。記事の末尾に追加しておきました。