【英語語源aster】disaster, astronomy, astronaut…の意味

基本表現・語源

 

今回は、

disaster, astronomy, astronaut

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

 

どんな説明になるのかな?

 

中心はaster「星」

今回中心になっているのは、asterです。

 

asterには「星 (=star)」という意味があるのです。

 

 

例えば、asterisk「アスタリスク」という日本語は聞いたことがあるでしょうか?

 

asterisk「アスタリスク」は星印という意味ですが、

asterが単語の中に含まれています。

 

なるほど!

 

 

また、そもそもasterという単語の響きが、star「星」と似ていますね。

 

このことを頭に入れ、次の説明を読んでくださいね!

 

disaster「災害」

disaster「災害」は次のように考えてみましょう。

 

  • dis-:離れて
  • -aster:星

 

 

つまり、

「離れて+星」

「幸運の星から離れてしまう」

「災害」

となるわけです。

 

 

「悪い星の下に生まれる」なんて表現は、日本語にもありますね。

コレと同じ感覚です。

 

また、形容詞のdisastrous「悲惨な、損害の大きい」も一緒に覚えてしまいましょう。

 

astronomy「天文学」

astronomy「天文学」は次のように考えてみましょう。

 

  • astro-:星
  • -nomy:法則

 

 

つまり、

「星+法則」

「星の法則を探るモノ」

「天文学」

となるわけです。

 

 

ちなみに、語尾に-nomy「法則、管理」がつく単語には下記のようなものがあります。

  • economy「経済学」
  • agronomy「作物学、栽培学」
  • autonomy「自治権」

 

astronaut「宇宙飛行士」

astronaut「宇宙飛行士」は次のように考えてみましょう。

 

  • astro-:星
  • -naut:船員

 

 

つまり、

「星+船員」

「星の船員」

「宇宙飛行士」

となるわけです。

 

おわりに

いかがでしたか? 語源から単語を捉えると、単語が覚えやすい&イメージを鮮明につかむことが出来ると思います。

 

もしよろしければ、【英語語源】語根・単語イメージ一覧に英語の語源を一覧でまとめてあるので、チェックしてみてくださいね。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がおススメです。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] aster (= star 星) […]