【英語語源ceed】proceed, succeed, exceed…の意味

英文法

 

こんにちは!

講師のNです。

 

 

今回は、

proceed, succeed, exceed

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

 

どんな説明になるのかな?

 

中心はceed「行く」

今回中心になっているのは、ceedです。

 

ceedには「行く (=go)」という意味があるのです。

このことを頭に入れ、次の説明を見ていってください。

 

 

なお、cedeも「行く」という意味を持っています。

コチラについては下記の記事でまとめましたので、よろしければお読みください。

 

語源:cede「行く」

 

proceed「続ける、進む」

proceed「続ける、進む」は次のように考えてみましょう。

 

  • pro-:前に
  • -ceed:~行く

 

 

つまり、

「前に+行く」

「前に行き続ける」

「続ける、進む」

となるわけです。

 

 

例文はコチラです。

She proceeded with her work.

(彼女は仕事を続けた)

 

succeed「~の後に続く、成功する」

succeed「~の後に続く、成功する」は次のように考えてみましょう。

 

  • suc-:下に、下を (=subと同じ)
  • -ceed:行く

 

 

つまり、

「下を+行く」

「何かした結果、後からついてくる」

「~の後に続く、成功する」

となるわけです。

 

 

あひるの子どもが集団で歩いているイメージでしょうか。

先頭に何かがあって、その後ろをぞろぞろと付いてくるイメージです。

 

exceed「~を越える、~より大きい」

exceed「~を越える、~より大きい」は次のように考えてみましょう。

 

  • ex-:外に
  • -ceed:行く

 

 

つまり、

「外に+行く」

「何かの規格を越えて行く」

「~を越える、~より大きい」

となるわけです。

 

 

ちなみに、

これが名詞として使われるとexcess「超過」

形容詞として使われるとexcessive「過度の、多すぎる」

という意味になります。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いいたします。

 

では!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ceed (= go 行く) […]

  2. […] 語源:ceed「行く」 […]