【ヤバい副詞】home, abroad, upstairs, outdoors…の使い方

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は「ヤバい副詞」についてまとめてみました。

 

何それ?

 

まとめてみていきましょう!

さらっと読み終えることが出来ます。

 

副詞の大原則

まずは副詞の大原則を確認しましょう。

それは、前置詞とセットで使用してはいけないというコトです。

 

 

たとえば、there「そこ、そこへ」は副詞ですが、

「わたしはそこへ行く」は “I go there.”と表現します。

 

“I go to there.”とは表現しませんよね。

 

たしかに…

 

このように、副詞の直前には前置詞を用いないのが原則です。

 

注意すべき副詞

それでは、ヤバい副詞を確認しましょう。

ついつい前置詞を入れてしまいがちな副詞です。

 

以下にまとめるので、フレーズごとまるっと覚えてしまってください。

 

ヤバい副詞まとめ
  • home: go home (家へ帰る)
  • here: come here (ここへくる)
  • there: go there (そこへくる)
  • abroad: go abroad (海外へ行く)
  • south, eastなどの方角: go south (南へ行く)
  • up / down: go up (上へ行く) / go down (下へ行く)
  • right / left: look right (右を見る)
  • upstairs / downstairs: go upstairs (上へ行く)
  • outdoors / indoors: play outdoors (外で遊ぶ) / play indoors (中で遊ぶ)

 

それぞれ30回くらいずつ音読してくださいね。

 

英語の上達のコツは音読をしまくり、音でマルっと覚えてしまうことです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

副詞は意外と盲点になりがちな箇所です。

本記事がその盲点を埋める手助けになったのであれば、とても嬉しいです。

 

 

それではまたお会いしましょう!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント