YouTubeもやっています!

【英語語源bio 生命】antibiotic, biology, biography…の意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

講師のNです。

 

 

今回は、

antibiotic, biology, biography, biotechnology

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

 

さあ行ってみよう!

 

中心はbio「生命」

今回中心になっているのは、bioです。

 

bioには「生命 (=life)」という意味があるのですね。

 

 

たとえばどんな単語に使われているの?

 

 

ゲームや映画ですけれど、biohazard「バイオハザード」なんてのはどうでしょう?

ゾンビが追いかけてくるアレです。

 

 

バイオハザードというのは、

 

  • bio 生命 + hazard 危険なもの

⇒「危険な生命」、つまりは「ゾンビ」

 

というところから来ているのですね。

 

 

なるほど!

 

antibiotic, biology, biography, biotechnology

bio「生命」を頭に入れたうえで、他の単語もまとめて確認してみましょう。

 

 

  • antibiotic: 抗生物質 (名詞)、抗生物質の (形容詞)
  • anti ~反対・対抗する + bio 生命 + ic 単語を名詞化or形容詞化

⇒「生命に反対・対抗する」

⇒ウイルスやら病原菌やらに対抗すれば「抗生物質」という意味になりますね

 

 

  • biology: 生物学
  • bio 生命 + logy ~学(学問分野)

 

 

  • biography: 伝記
  • bio 生命 + graph 書く

⇒「生命を書く」、つまりは「人生を書く」というコトですね

 

 

  • biotechnology: 生物工学、バイオテクノロジー
  • bio 生命 + techno 技術・工学 + logy ~学(学問分野)

⇒「生命の技術学」というコトですね

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

単なる丸暗記ではなく、語源を使って知識を有機的につなげていってくださいね!

 

それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] bio (=life 生命) […]