【英語語源】curious, accurate, procure…の意味【cure】

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、curious, accurate, procure, secure, manicure

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

中心はcure「注意、心配」

今回中心になっているのは、cureです。

 

cureには「注意、心配」といった意味合いがあるのです。

 

 

そのため、cureが動詞として使われると、

  • cure:~を治療する(≒注意を向けて治す)

という意味になるのです。

 

curious「好奇心の強い」

curious「好奇心の強い」は次のように考えてみましょう。

 

  • cure-:注意、心配
  • -ious:~に満ちた(単語を形容詞化)

 

 

つまり、

「注意に満ちた」

「あるモノに注意を向けまくっている」

「好奇心の強い」

となるわけですね。

 

accurate「正確な」

accurate「正確な」は次のように考えてみましょう。

 

  • ac-:~に(註:ad-等と同様。toのように「~の方向に」という方向性を意味)
  • cure:注意、心配
  • -ate:~のある(単語を形容詞化)

 

 

つまり、

「何か一点に注意を向ける」

「何か一点に注意を向けると作業が正確」

「正確な」

となるわけですね。

 

procure「~を調達する、斡旋する」

procure「~を調達する、斡旋する」は次のように考えてみましょう。

 

  • pro-:前に、~のために
  • cure:注意、心配

 

 

つまり、

「前もって注意しておく」

「前もってモノを準備しておく」

「~を調達する、斡旋する」

となるわけですね。

 

secure「安全な」「~を確保する」

secure「安全な」「~を確保する」は次のように考えてみましょう。

 

  • se-:~のない
  • cure:注意、心配

 

つまり、

「心配のない」

「安全な」

「(安全など)を確保する」

 

となるわけですね。

 

manicure「マニキュア」

manicureは「マニキュア」、これはそのまんまですね。笑

 

  • mani-:手
  • cure:注意、心配

 

つまり、

「手に注意を向ける」

「手を手入れする」

「マニキュア」

となるわけですね。

 

 

「マニキュア」という単語の意味よりも、

mani-が「手」という意味を持つことを押さえておきましょう。

 

mani-を含む単語はよく出てきます。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

語源って、中には「こじつけでは?」と思うものも結構あり、

「納得!」と思えるかどうかは個人の感覚(や知識量)でも結構違ってきます。

 

 

その時は語源にこだわらず、普通に丸暗記してしまいましょう。笑

語源はあくまで、単語暗記の一つのツールでしかないので。

 

 

それではまた!

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれないです)

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【語源clude】include, exclude, precludeの意味 […]

  2. […] cure (= care 注意) […]