too~to Vとso~that SV 書き換え時の省略について

英文法

 

今回取り上げるのは、too~to Vとso~that SVです。

 

これ、書き換えの問題でよく出るのですが、

目的語を省略するかどうか?という点がよく狙われます。

 

いったいどういうコト?

 

 

具体的に見ていきましょう!

 

意味の確認

まずは意味を確認していきましょう。

 

too~to Vには「~すぎるのでVできない」という意味があります。

 

これは、so~that SVと書き換え可能なのです。

He is too poor to buy the car.

= He is so poor that he cannot buy the car.

(彼はとても貧乏なので、その車を買うことが出来ない)

 

 

で、ややこしいのが、too~to Vでは目的語(O)に省略が起きることがある

ということなのです。

 

too~to Vで省略が起きる場合

では、一体どんなときに省略が起きるのか?

 

コチラの例文を見てください。too~to Vでは、itの省略が起きています。

This problem is too difficult to solve it.

= This problem is so difficult that we cannot solve it.

(この問題はとても難しいので、解くことが出来ない)

 

 

どうして?

 

 

それは、文全体の主語と、to Vの目的語が一致しているからです。

 

今回であれば、

  • 文全体の主語 = the problem
  • to Vの目的語 = it (the problem)

です。

 

the problem = it (the problem)

となっていますね。

 

同じことを繰り返すのは野暮だから省略しちまえ!

というわけです。

 

 

なお、最初の例文ではto Vの目的語が省略されていませんでしたが、

それは、文全体の主語とto Vの目的語が一致していないからです。

 

He is too poor to buy the car.

= He is so poor that he cannot buy the car.

(彼はとても貧乏なので、その車を買うことが出来ない)

 

ここでは、

  • 文全体の主語 = He
  • to Vの目的語 = the car

となっており、He≠the carですね。

 

なので、省略は起きていません。

 

so~that SVで省略が起きない理由

ひょっとしたら、こんな疑問を持つ方もいるかもしれません。

 

so~that SVで、文全体の主語と目的語が一致していても、

目的語が省略されないのはなぜ?

 

 

それは、thatが接続詞だからです。

接続詞の後には、完全な文が来なければいけません。

 

I think that~のthatも接続詞ですが、その後ろはいつも完全な文が来ているハズです。

I think that he has a car.

(彼が車を持っていると私は思います)

 

例外

too~to Vで、文全体の主語とto Vの目的語が一致していれば、

目的語に省略が起きるのでした。

 

それは意味上の主語(for A)がついても、基本的には同じことです。

This problem is too difficult for us to solve it.

(この問題は、私たちにはとても難しいので、解くことが出来ない)

 

 

itに省略が起きているね。

このように、一致した目的語を省略するのが普通です。

 

ただ、for Aが入る場合、一致した目的語を省略しなくてもよいのです。

(註:for Aがない場合、一致した目的語は必ず省略します

 

 

 

参考書によっては、for Aが入った場合も一致した目的語は必ず省略!

というトーンで書かれていることも多いですが、

省略するのが一般的、という方が正確です。

 

ただ、この法則は勘違いされていることが多い気がするので、

for Aがあろうとなかろうと、主語と一致していれば目的語は省略するのが無難です。

(特に学校の試験)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

いままでなんとなく書き換えていたtoo~to Vとso~that SVですが、

仕組みがわかれば怖いものなしですね!

 

みなさんの英語学習のお役に立ったのであれば嬉しいです。質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント