too~to Vとso~that SV 書き換え時の省略について

形容詞・副詞

 

今回取り上げるのは、too~to Vとso~that SVです。

 

これ、書き換えの問題でよく出るのですが、

目的語を省略するかどうか?という点がよく狙われます。

 

いったいどういうコト?

 

 

具体的に見ていきましょう!

 

意味の確認

まずは意味を確認していきましょう。

 

too~to Vには「~すぎるのでVできない」という意味があります。

 

これは、so~that SVと書き換え可能なのです。

He is too poor to buy the car.

= He is so poor that he cannot buy the car.

(彼はとても貧乏なので、その車を買うことが出来ない)

 

 

で、ややこしいのが、too~to Vでは目的語(O)に省略が起きることがある

ということなのです。

 

too~to Vで省略が起きる場合

では、一体どんなときに省略が起きるのか?

 

コチラの例文を見てください。too~to Vでは、itの省略が起きています。

This problem is too difficult to solve it.

= This problem is so difficult that we cannot solve it.

(この問題はとても難しいので、解くことが出来ない)

 

 

どうして?

 

 

それは、文全体の主語と、to Vの目的語が一致しているからです。

 

今回であれば、

  • 文全体の主語 = the problem
  • to Vの目的語 = it (the problem)

です。

 

the problem = it (the problem)

となっていますね。

 

同じことを繰り返すのは野暮だから省略しちまえ!

というわけです。

 

 

なお、最初の例文ではto Vの目的語が省略されていませんでしたが、

それは、文全体の主語とto Vの目的語が一致していないからです。

 

He is too poor to buy the car.

= He is so poor that he cannot buy the car.

(彼はとても貧乏なので、その車を買うことが出来ない)

 

ここでは、

  • 文全体の主語 = He
  • to Vの目的語 = the car

となっており、He≠the carですね。

 

なので、省略は起きていません。

 

so~that SVで省略が起きない理由

ひょっとしたら、こんな疑問を持つ方もいるかもしれません。

 

so~that SVで、文全体の主語と目的語が一致していても、

目的語が省略されないのはなぜ?

 

 

それは、thatが接続詞だからです。

接続詞の後には、完全な文が来なければいけません。

 

I think that~のthatも接続詞ですが、その後ろはいつも完全な文が来ているハズです。

I think that he has a car.

(彼が車を持っていると私は思います)

 

例外

too~to Vで、文全体の主語とto Vの目的語が一致していれば、

目的語に省略が起きるのでした。

 

それは意味上の主語(for A)がついても、基本的には同じことです。

This problem is too difficult for us to solve it.

(この問題は、私たちにはとても難しいので、解くことが出来ない)

 

 

itに省略が起きているね。

このように、一致した目的語を省略するのが普通です。

 

ただ、for Aが入る場合、一致した目的語を省略しなくてもよいのです。

(註:for Aがない場合、一致した目的語は必ず省略します

 

 

 

参考書によっては、for Aが入った場合も一致した目的語は必ず省略!

というトーンで書かれていることも多いですが、

省略するのが一般的、という方が正確です。

 

ただ、この法則は勘違いされていることが多い気がするので、

for Aがあろうとなかろうと、主語と一致していれば目的語は省略するのが無難です。

(特に学校の試験)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

いままでなんとなく書き換えていたtoo~to Vとso~that SVですが、仕組みがわかれば怖いものなしですね!

 

みなさんの英語学習のお役に立ったのであれば嬉しいです。質問等あればコメント欄までお願いします。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
形容詞・副詞 接続詞 準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント