【英語語源close】enclose, disclose, closureの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、enclose, disclose, closet, closure…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

中心はclose「閉じる」

今回中心になっているのは、closeです。

 

closeには「閉じる」という意味があります。

 

close the door「ドアを閉める」と同じだね!

 

 

ちなみに、cludeも「閉じる」という意味を持っています。

コチラは下記の記事でまとめてみたので、興味のある方は一緒にどうぞ!

【語源clude】include, exclude, precludeの意味

 

enclose「~を同封する、囲む」

enclose「~を同封する、囲む」は、次のように考えてみましょう。

 

  • en-:中へ
  • -close:閉じる

 

 

つまり、

「中へ閉じる」

「~を同封する、囲む」

となるわけですね。

 

disclose「~を明らかにする、公表する」

disclose「~を明らかにする、公表する」は次のように考えてみましょう。

 

  • dis-:反対、分離
  • -close:閉じる

 

 

つまり、

「閉じることの反対」

「閉じ込めてしまわず、外に見える状態にする」

「~を明らかにする、公表する」

となるわけですね。

 

disclosure「開示、公開」

コチラはオマケ。

 

disclosureで「開示、公開」という意味になります。

 

  • disclose:~を明らかにする、公表する
  • -ure:こと(単語を名詞化)

 

 

つまり、

「明らかにすること」

「開示、公表」

となるわけですね。

 

 

disclosureは結構よく出てくる単語ですので、これを機会に覚えてしまいましょう!

 

closet「クローゼット」

closet「クローゼット」は、次のように考えてみましょう。

 

  • close-:閉じる
  • -et:小さい

 

 

つまり、

「閉じる小さい場所」

「クローゼット」

となるわけです。

 

 

まあ、これは日本語の「クローゼット」で覚えてしまうのが早いですね。

 

語源の意味ないじゃん!

 

 

どちらかというと、ここでは-etが「小さい」という意味になることを覚えた方がよいと思います。

 

pocket「ポケット」とかそうですね。

これは、「小さい袋」というところから来ているのです。

 

 

これも日本語で覚えればいいのでは…?

 

 

はい、次へ行きましょう。

 

closure「閉鎖、閉店」

closure「閉鎖、閉店」は、次のように考えてみましょう。

 

  • close-:閉じる
  • -ure:こと(単語を名詞化)

 

 

つまり、

「閉じること」

「閉鎖、閉店」

となるわけです。

 

おわりに

いかがでしたか? 語源から単語を捉えると、単語が覚えやすい&イメージを鮮明につかむことが出来ると思います。

 

もしよろしければ、【英語語源】語根・単語イメージ一覧に英語の語源を一覧でまとめてあるので、チェックしてみてくださいね。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がおススメです。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] close (= close 閉じる) […]