【英語語源close】enclose, disclose, closureの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、enclose, disclose, closet, closure…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

中心はclose「閉じる」

今回中心になっているのは、closeです。

 

closeには「閉じる」という意味があります。

 

close the door「ドアを閉める」と同じだね!

 

 

ちなみに、cludeも「閉じる」という意味を持っています。

コチラは下記の記事でまとめてみたので、興味のある方は一緒にどうぞ!

【語源clude】include, exclude, precludeの意味

 

enclose「~を同封する、囲む」

enclose「~を同封する、囲む」は、次のように考えてみましょう。

 

  • en-:中へ
  • -close:閉じる

 

 

つまり、

「中へ閉じる」

「~を同封する、囲む」

となるわけですね。

 

disclose「~を明らかにする、公表する」

disclose「~を明らかにする、公表する」は次のように考えてみましょう。

 

  • dis-:反対、分離
  • -close:閉じる

 

 

つまり、

「閉じることの反対」

「閉じ込めてしまわず、外に見える状態にする」

「~を明らかにする、公表する」

となるわけですね。

 

disclosure「開示、公開」

コチラはオマケ。

 

disclosureで「開示、公開」という意味になります。

 

  • disclose:~を明らかにする、公表する
  • -ure:こと(単語を名詞化)

 

 

つまり、

「明らかにすること」

「開示、公表」

となるわけですね。

 

 

disclosureは結構よく出てくる単語ですので、これを機会に覚えてしまいましょう!

 

closet「クローゼット」

closet「クローゼット」は、次のように考えてみましょう。

 

  • close-:閉じる
  • -et:小さい

 

 

つまり、

「閉じる小さい場所」

「クローゼット」

となるわけです。

 

 

まあ、これは日本語の「クローゼット」で覚えてしまうのが早いですね。

 

語源の意味ないじゃん!

 

 

どちらかというと、ここでは-etが「小さい」という意味になることを覚えた方がよいと思います。

 

pocket「ポケット」とかそうですね。

これは、「小さい袋」というところから来ているのです。

 

 

これも日本語で覚えればいいのでは…?

 

 

はい、次へ行きましょう。

 

closure「閉鎖、閉店」

closure「閉鎖、閉店」は、次のように考えてみましょう。

 

  • close-:閉じる
  • -ure:こと(単語を名詞化)

 

 

つまり、

「閉じること」

「閉鎖、閉店」

となるわけです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

一部不要では?と思われる説明もありましたが、

まあ、語源なんてそんなものです。

 

 

単語を覚えるツールの一つとして割り切って、

自分が「なるほど!」と思える部分だけ、

都合よく使っていきましょう。

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれないです)

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] close (= close 閉じる) […]