YouTubeもやっています!

【英語語源act】react, enact, interact, exact…の意味を考える

基本表現・語源

 

こんにちは。好評につき、語源シリーズです。

 

今回はactという単語をもとに、様々な単語を覚えていきましょう!

 

actの意味

actには「行動する」「法律」という意味があります。

 

「行動する」の方は、

アクション(行動)なんていう日本語からも、容易に推測できます。

 

「アクション俳優」なんていう日本語もあるね!

 

 

 

また、「行為」を形にしたと考えれば、「法律」という意味も連想できますね!

 

react, enact, interact, exactの意味

さて、actが「行動する」という意味だと確認したところで、

そこから派生した様々な単語を見ていきましょう。

 

react

reactで「反応する、対応する」という意味になります。

 

  • re-:応えて、再び
  • -act:行動する

 

 

「何かに応えて行動する」ため、

「反応する」という意味になるのです。

 

enact

enactで「~を制定する」という意味になります。

 

  • en-:~にする(動詞化する際に使われる接頭辞)
  • -act:法律

 

 

「法律にする」ということから、

「~を制定する」という意味になるのです。

 

interact

interactで「相互に作用する」という意味になります。

 

  • inter-:相互に、~の間
  • -act:行動する

 

 

「相互に行動する」ということから、

「相互に作用する」という意味になるのです。

 

 

ちなみに、inter-は、

international:国際的な(nationalは国、つまり国と国の間)

なんて単語に使われていますね。

 

あるいは、大学にはインカレサークル(=いろんな大学の人が参加しているサークル≒出会いの場)なんてものもありますね。これも、インターカレッジ(intercollegeate)からきているものと思われます。

 

exact

exactで「正確な」という意味になります。

 

  • ex-:外に
  • -act:行動する

 

 

「外に/外で行動する」すれば、物事がハッキリするので、

「正確な」という意味になりますね。

※やや強引かもしれません笑

 

おわりに

いかがでしたか?

 

語源や語幹から単語を考えることは、それなりに有効です。

 

 

最後のように、「ちょっとこれってこじつけじゃない?」と思うこともありますが笑、

単語の本質を理解する意味でも、可能な範囲で取り入れていければ良いと考えています。

 

 

単語を覚えるための一つのツールという位置づけですね。

 

これからも、気が向いたらちょくちょく語源ネタを扱っていきたいと考えています。

それではまた!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれないです)

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] act (行動する) […]