【英語語源dict】predict, contradict, verdictの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、predict, contradict, verdict…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

中心はdict「言う」

今回中心になっているのは、dictです。

 

dictには「言う (=say)」という意味があります。

 

たとえばどんな単語に使われているの?

 

 

「ディクテーション (dictation)」という日本語が

最もなじみ深いかもしれません。

 

英語のリスニングで、「ディクテーションしなさい」とか言われますよね。

これは、「口で言った内容を書き取るコト」という意味で使われています。

 

 

あるいは、「辞書 (dictionary)」なんかもなじみ深いかもしれません。

これは、「言うコト (言葉)を集めたもの」なので、dict-が使われているのです。

註:-ionは単語を名詞化、-ryは何かの集まりであることを表します。(今回は「言葉の集まり」です)

 

 

dictの語源は「言う」

 

このことを頭に入れたうえで、様々な単語を見ていきましょう!

 

predict「~を予測する」

predict「~を予測する、予言する」は次のように考えてみましょう。

 

  • pre-:前もって
  • -dict:言う

 

 

つまり、

「前もって+言う」

「~を予測する、予言する」

となるわけです。

 

contradict「~に反論する、矛盾する」

contradict「~に反論する、矛盾する」は次のように考えてみましょう。

 

  • contra-:逆・反対(註)
  • -dict:言う

註:contradictory to~「~に矛盾して」と言ったりします。

 

つまり、

「逆を+言う」

「~に反論する、矛盾する」

となるわけです。

 

verdict「評決、判断」

verdict「評決、(権威者による)判断」は次のように考えてみましょう。

 

  • ver-:真実(註)
  • -dict:言う

註:verify「~を立証する、証明する」と言ったりします。

 

 

つまり、

「真実を+言う」

「評決、(権威者による)判断」

となるわけです。

 

indict「~を起訴する」

indict「~を起訴する、告発する」は次のように考えてみましょう。

 

  • in-:~へ(方向性を示すtoに近い)、~の中に
  • -dict:言う

 

つまり、

「~へ+言う」

「誰かに向かって物事を言う」

「~を起訴する、告発する」

となるわけです。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

ご質問等あれば、コメント欄までお願いいたします。

 

みなさま、良き語源ライフを。

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] dict (= say 言う) […]