【英語語源magni】magnitude, magnify…の意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、magnitude, magnify, magnificent…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

中心はmagni「大きい」

今回中心になっているのは、magniです。

 

magniには「大きい (=great)」という意味があります。

*majにも「大きい」という意味があります。

過去記事:語源majから考える

 

これをもとに、下記の単語の意味を捉えていきましょう!

 

magnitude「大きさ、重要さ」

magnitude「大きさ、重要さ」は、次のように考えてみましょう。

 

  • magni-:大きい
  • -tude:単語を名詞化(状態などを表す抽象名詞を作る)

 

 

つまり、

「大きい+名詞化」

「大きさ、重要さ」

となるわけです。

 

 

そのまんまじゃん…

 

 

その通りです。笑

 

 

magnitudeに関しては、語源で考える必要はないですね。

 

地震とかで「マグニチュード〇〇(≒地震の大きさ)」と言ったりするので、

それとの関連で覚えましょう。

 

 

むしろmagnitudeでは、

magni-が「大きい」という意味になることを押さえてしまいましょうね!

 

単語から語源を覚えるってコトだね!

 

magnify「~を拡大する」

disclose「~を拡大する、大きくする」は次のように考えてみましょう。

 

  • magni-:大きい
  • -fy:単語を動詞化

 

 

つまり、

「大きい+動詞化」

「~を拡大する、大きくする」

となるわけです。

 

magnificent「壮大な、素晴らしい」

magnificent「壮大な、素晴らしい」は、次のように考えてみましょう。

 

  • magni-:大きい
  • -fic:作る
  • -ent:単語を形容詞化(註:名詞化することもあります)

 

 

つまり、

「大きく作る+形容詞」

「壮大な、素晴らしい」

となるわけです。

 

 

ちなみに、『七人の侍』をもとに制作されたという

『荒野の七人』の原題は、“The Magnificent Seven”です。

 

直訳すると、『壮大な (素晴らしい)7人』となりますね。

 

その他

使用頻度はそれほど高くない気がしますが、

せっかくなのでその他の単語の意味も見ておきましょう!

 

magistrate「治安判事」

magistrateで「治安判事、軽罪判事」という意味になります。

 

  • magi-:大きい(註:magni-から少し形が変化しています)
  • -ate:単語を名詞化。「職務の人」という意味になる(註:形容詞化、動詞化することもあります)

 

 

つまり、

「大きい+職務の人」

「偉大な+職務の人」

「治安判事」

となるわけです。

 

magnate

magnateで「有力者」という意味になります。

 

  • magn-:大きい(註:magni-から少し形が変化しています)
  • -ate:単語を名詞化。「職務の人」という意味になる

 

 

つまり、

「大きい+職務の人」

「偉大な+職務の人」

「有力者」

となるわけです。

 

 

magistrateとの違いがあまりないのが苦しいところですが。笑

 

 

magnate「有力者」については、

magnet「マグネット、磁石」との関係で覚えた方がいいかもしれませんね。

(スペルが似ています)

 

 

「マグネットのように、多くの人を惹きつける人」

「有力者」

という感じでしょうか。

 

magnanimous「度量の大きい、寛大な」

magnanimousで「度量の大きい、寛大な」という意味になります。

 

  • magn-:大きい(註:magni-から少し形が変化しています)
  • -ous:単語を形容詞化。「~に富む、~の多い」という意味になる

 

 

つまり、

「大きい+に富む」

「大きさに富む」

「度量の大きい、寛大な」

となるわけです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

語源の知識は、増えれば増えるほど有利です。

少しずつでも良いので、気になった時に「アレ?」と調べるクセを付けておくとよいですね!

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれないです)

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 過去記事:語源magniから考える […]

  2. […] magni (= great 大きい) […]

  3. […] magnify: ~を拡大する、増す(「magni: 大きい」) […]