【英語語源maj】major, majesty, mayorの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、major, majesty, mayor…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

中心はmaj「大きい」

今回中心になっているのは、majです。

 

majには「大きい (=great)」という意味があります。

 

*magniにも「大きい」という意味があります。

過去記事:語源magniから考える

 

 

これをもとに、下記の単語の意味を捉えていきましょう!

 

major「主要な、専攻の」

major「主要な、大きい方の、専攻の」は、次のように考えてみましょう。

 

  • maj-:大きい
  • -or:~より

 

 

つまり、

「大きい+より~」

「より大きい方」

「主要な、大きい方の、専攻の」

となるわけです。

 

 

「メジャーな分野」

「メジャーリーグ」

などのように、日本語にも浸透している単語ですね。

 

majesty「威厳、雄大さ、陛下」

majesty「威厳、雄大さ、陛下」は次のように考えてみましょう。

 

  • maj-:大きい
  • -ity:単語を形容詞化 (状態や性質を表す抽象名詞を作る)

 

 

つまり、

「大きい+状態」

「威厳、雄大さ、陛下」

となるわけです。

 

 

ちなみに、イギリスでは「女王陛下」を”Her Majesty”と言ったりますね。

 

mayor「市長」

mayor「市長」は、次のように考えてみましょう。

 

  • ma-:大きい (註:majから形が少し変化しています)
  • -or:~より

 

つまり、

「大きい+~より」

「より大きい人」

「市長、町長」

となるわけです。

 

-orについて

-or「~より」について少し触れておきましょう。

これは、比較級の意味を持ちます。

 

以下の単語には、全て比較級のorが含まれています。

  • priority:優先事項(註:「この案件はプライオリティーが高い」と言ったりしますね)
  • senior:高齢者の、上位の(註:「シニア世代」と言ったりしますね)
  • junior:年下の、下位の(註:「ジュニア」と言ったりしますね)

 

 

実は、比較級での-orは、ラテン語に起源を持つのです。

 

そのため、ちょっと特殊な使われ方をするのですね。

比較級とセットで使用される際は、thanではなくtoと結びつきます。

 

参考記事:ラテン語比較級まとめ

 

おわりに

いかがでしたか?

 

語源の知識は、増えれば増えるほど有利です。

少しずつでも良いので、気になった時に「アレ?」と調べるクセを付けておくとよいですね!

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] maj (= great 大きい) […]