【英語語源maj】major, majesty, mayorの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、major, majesty, mayor…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

中心はmaj「大きい」

今回中心になっているのは、majです。

 

majには「大きい (=great)」という意味があります。

 

*magniにも「大きい」という意味があります。

過去記事:語源magniから考える

 

 

これをもとに、下記の単語の意味を捉えていきましょう!

 

major「主要な、専攻の」

major「主要な、大きい方の、専攻の」は、次のように考えてみましょう。

 

  • maj-:大きい
  • -or:~より

 

 

つまり、

「大きい+より~」

「より大きい方」

「主要な、大きい方の、専攻の」

となるわけです。

 

 

「メジャーな分野」

「メジャーリーグ」

などのように、日本語にも浸透している単語ですね。

 

majesty「威厳、雄大さ、陛下」

majesty「威厳、雄大さ、陛下」は次のように考えてみましょう。

 

  • maj-:大きい
  • -ity:単語を形容詞化 (状態や性質を表す抽象名詞を作る)

 

 

つまり、

「大きい+状態」

「威厳、雄大さ、陛下」

となるわけです。

 

 

ちなみに、イギリスでは「女王陛下」を”Her Majesty”と言ったりますね。

 

mayor「市長」

mayor「市長」は、次のように考えてみましょう。

 

  • ma-:大きい (註:majから形が少し変化しています)
  • -or:~より

 

つまり、

「大きい+~より」

「より大きい人」

「市長、町長」

となるわけです。

 

-orについて

-or「~より」について少し触れておきましょう。

これは、比較級の意味を持ちます。

 

以下の単語には、全て比較級のorが含まれています。

  • priority:優先事項(註:「この案件はプライオリティーが高い」と言ったりしますね)
  • senior:高齢者の、上位の(註:「シニア世代」と言ったりしますね)
  • junior:年下の、下位の(註:「ジュニア」と言ったりしますね)

 

 

実は、比較級での-orは、ラテン語に起源を持つのです。

 

そのため、ちょっと特殊な使われ方をするのですね。

比較級とセットで使用される際は、thanではなくtoと結びつきます。

 

参考記事:ラテン語比較級まとめ

 

おわりに

いかがでしたか?

 

語源の知識は、増えれば増えるほど有利です。

少しずつでも良いので、気になった時に「アレ?」と調べるクセを付けておくとよいですね!

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] maj (= great 大きい) […]