【語源でイメージ】”prehend, prey”の英単語まとめ【prison/comprehend…】

基本表現・語源

 

今回は“prehend, prehens, prent, prey, pris”を含む単語をまとめてみました。

 

語源から考えると、様々な単語を一気に本質理解することが出来ます。

 

一体どのようなものなのか? サクッと確認していきましょう!

 

“prehend, prehens, prent, prey, pris”を含む英単語まとめ

prehend, prehens, prent, prey, prisには、

  • prehend, prehens, prent, prey, pris (hold/seize 保つ/とらえる)

というイメージがあることを意識してください。

 

 

ひとことで言うと「がしっとつかむ」イメージです。

 

 

「prison: 刑務所」は、犯罪者をがしっとつかまえておく場所ですし、「prey: えじき、獲物」は、がしっとつかまえられた動物ですよね。

 

 

また、「comprehend: ~を理解する」は「ある考えを完全につかみとる」というイメージから来ています。

 

 

このように、「prehend, prehens, prent, prey, pris (保つ/とらえる)」というイメージを意識しつつ、下記の単語に目を通すと暗記がグッと楽になりますよ!

 

 

ポイント
  • prey: えじき、獲物(⇔「predator: 捕食動物」)
  • prison: 刑務所
  • prisoner: 囚人「er: 人/モノ」

 

  • apprehend: ~を捕らえる、理解する(「ap: ~へ」、「何かに手を伸ばしてつかみ取る」イメージ)
  • apprehensible: 理解できる「ible: 可能」
  • apprehension: 逮捕、理解、不安「ion: 単語を名詞化」、「心や体をつかむもの」)
  • apprehensive: 不安な、心配な、理解の早い(「ive: 単語を形容詞化」)
  • apprehensively: 恐る恐る(「ly: 単語を副詞化」)
  • apprentice: 見習い(「つかんだ人」)
  • apprenticeship: 見習い期間(「ship: 単語を名詞化」)

 

  • comprehend: ~を理解する「com: 完全に」
  • comprehensibility: 理解できること、わかりやすさ
  • comprehensible: 理解できる「ible: 可能」
  • comprehension: 理解、包括「ion: 単語を名詞化」
  • comprehensive: 包括的な、理解力のある
  • comprehensively: 包括的に、徹底的に
  • comprehensiveness: 包括性(「ness: 単語を名詞化」)
  • comprise: ~を含む、構成する

 

  • enterprise: 企業、事業、起業、チャレンジ精神(「enter: 間に」、「間で心がつかまる」イメージ)
  • enterpriser: 企業家
  • enterprising: 行動力のある、進取の気性に富んだ

 

  • imprison: ~を投獄する、拘束する(「im: 中に」)
  • imprisonment: 投獄、換金(「ment: 単語を名詞化」)

 

 

  • surprise: ~を驚かせる「sur: 上に、上から」、「上から捕らえて驚かせる」イメージ)
  • surprised: 驚いた、あきれた
  • surprisedly: 驚いて(「ly: 単語を副詞化」)
  • surprising: 驚かせるような
  • surprisingly: 驚くほど、意外に(「ly: 単語を副詞化」)

 

おわりに

いかがでしたか? 語源は威力抜群なので、超オススメの単語勉強法です。たくさんの文章を読み込むのと並行で、語源学習も出来ると効果抜群だと思います。

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がイチオシです。なぜか一般の書店ではあまり見かけない気がします。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

また、辞書のジーニアス英和辞典 第5版は語源の説明が充実しているのでおススメです。(そして、辞書としても最も使い勝手が良いように感じます)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


コメント