【サクッと英会話】「セクシー女優との不倫をスクープされる/不倫は文化だ」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「セクシー女優との不倫をスクープされる/不倫は文化だ」を英語で表現してみたいと思います。

 

一体どんな表現になるのか?

 

サクッとご紹介いたします!

 

「セクシー女優との不倫をスクープされる/不倫は文化だ」を英語で言うと?

「セクシー女優との不倫をスクープされる」の英語表現例は下記の通りです。

 

A famous comedian had an affair with a porn star, and a weekly magazine has scooped it.

(有名なお笑い芸人がセクシー女優と不倫をして、週刊誌がそれをスクープした)

 

A famous comedian’s affair with a porn star has been scooped by a weekly magazine.

(セクシー女優と有名なお笑い芸人の不倫が、週刊誌によってスクープされた)

 

ポイント

・affair: 不倫

・porn star: セクシー女優

・scoop: ~をスクープする

・weekly magazine: 週刊誌

 

 

affairが「不倫」という意味になるのですね。

 

また、「不倫がスクープされた」ことで現在も世間を騒がせていることを考えると、時制は過去形よりも現在完了形の方がより良いと思います。

 

 

※現在完了形は「過去+現在」の意味を持つ表現です。過去形との違いを詳しく知りたい方は、下記の記事か動画をご覧ください。

【ぜったいわかる】過去形と現在完了形の違いとは?

【死ぬほどわかる】過去形と現在完了形の違い【英文法】

 

 

 

 

また、affairという単語を生かして「不倫は文化だ」も表現してみましょう。

 

「不倫は文化」をそのまま英語にしてもいいですし、「人というのは不倫をするものだ」と一般論的な記述にしても良いですね。

An affair is a culture.

(不倫は文化だ)

 

People have affairs.

(人々は不倫をするものだ)

 

 

果たして使う機会があるのか? はなはだ謎ですが、使う機会がないことを切に祈ります。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント