【目からウロコ】”wise”が語源の単語まとめ【otherwise/likewise/clockwise他】

基本表現・語源

 

今回は“-wise”を語源に持つ単語をまとめてみました。

 

一体どんな単語があるのか? どんな語源になるのか?

 

一緒に見ていきましょう!

 

“wise”が語源の単語まとめ

“wise”が語源の単語まとめは下記の通りです。

 

 

ポイント

<wise語源>

  • way: 道、方法、方向、関連(~の点で、~の面で)

 

<主な単語>

  • otherwise: さもないと、他の点では
  • likewise: 同様に
  • clockwise: 時計回りに
  • counterclockwise: 反時計回りに
  • coastwise: 海岸に沿って
  • contrariwise: これに反して、反対に
  • crabwise: 横ばいに(カニのように)
  • crosswise: 横切って、交差して
  • edgewise: 刃を上に向けて
  • endwise: 端を前/上向きにして
  • leastwise/leastways: 少なくとも
  • longwise: 縦に
  • pricewise: 価格の面で
  • salarywise: 給与の面で
  • slantwise: 斜め方向に
  • stepwise: 一歩ずつの、段階のように
  • timewise: 時間の面で
  • weather-wise: 天気をよく当てる、世論の動向の予測がうまい
  • worldly-wise: 世慣れた

 

全て、

  • way: 道、方法、方向、関連(~の点で)

のイメージで理解できると思います。

 

 

例えば、otherwiseなどは様々な意味がありますが、「別の道を行けば」というイメージで理解可能です。

 

※ちなみに、otherwiseには今回紹介しているもの以外にも様々な意味がありますが、「別の道を行けば」のイメージでほぼ理解できます。

【死ぬほどわかる】otherwiseの使い方・意味まとめ

 

 

他にも、

  • clockwiseなら「時計+方向」
  • salarywiseなら「給与+の面で」
  • timewiseなら「時間+の面で」

等々、単語の組み合わせで意味が大体推測できますね!

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がおススメです。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【目からウロコ】”wise”が語源の単語まとめ […]