【英語語源sent】consent, assent, dissentの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

講師のNです。

 

今回は、consent, assent, dissent…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

さあ始めよう!

 

 

中心はsent「感じる」

今回中心になっているのは、sentです。

 

sentには「感じる (=feel)」という意味があります。

 

たとえばどんな単語に使われているの?

 

 

sentimental「センチメンタルな、感傷的な」という単語はいかがでしょう?

 

分解すると次の通りです。

  • sent-:感じる
  • -mental:単語を形容詞化 (mentが名詞化→alが形容詞化する働きを持つ)

 

 

なるほど!

 

sentは「感じる」

 

このことを頭に入れたうえで、様々な単語を見ていきましょう!

 

consent「同意する」

objectは「同意する、賛成する」という意味になります。

 

 

これは次の通り分解することが出来ます。

  • con-:共に
  • -ject:感じる

 

つまり、

「共に+感じる」

「フムフムなるほど、と一緒に頷く」

「同意する、賛成する」

となるわけです。

 

 

ちなみに、consentは自動詞です。

~に賛成する」の意味で使うときは、必ずtoとセットで使いましょう。

 

He consented to the proposal.

(彼はその提案同意した)

 

assent「同意する」

assentは「同意する、賛成する」という意味になります。consentと同じですね。

 

 

これは次の通り分解することが出来ます。

  • as-:~の方へ(ad-と同じ)
  • -sent:感じる

 

つまり、

「~の方へ+感じる」

「あるものに対してフムフムなるほどと頷く」

「同意する、賛成する」

となるわけです。

 

 

assentは、consentと同じく自動詞です。

assent to~で「~に賛成する」という意味になります。

 

ちなみに、assentは「よく考えて同意する」という意味合いです。

consentとは微妙にニュアンスが違います。

(普段そこまで気にする必要はない気がしますが)

 

dissent「同意しない」

dissentは「同意しない、意見が異なる」という意味になります。

 

 

これは次の通り分解することが出来ます。

  • dis-:反対、分離
  • -sent:感じる

 

つまり、

「反対に+感じる」

「同意しない、意見が異なる」

となるわけです。

 

 

dissentも自動詞です。

「~と意見が異なる、~に同意しない」という意味では、fromとセットで使用します。

 

He dissented from my opinion.

(彼はわたしの意見に同意しなかった)

 

sense「~を感じる」

senseは「~を感じる」という意味になります。

 

 

これはそのまんまですね。sentがやや変化した形です。

  • sense:~を感じる

 

また、名詞としては「感覚、センス」という意味にもなります。

日本語でも「アイツはセンスが優れている」と言ったりしますよね。

 

なお、sentではなく、

senseを語源とした単語もいくつか存在します。

 

もしご興味のある方は、こちらの記事 (語源: senseについて)もご覧ください!

 

scent「匂い、香り」

また、これもほぼそのまんまですが、

scentで「匂い、香り」という意味になります。

 

「感じること」

「鼻で感じること」

「匂い、香り」

というわけですね。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いします。

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれないです)

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 興味のある方は、こちらの記事(語源sentについて)もお読みください。 […]

  2. […] 註:ちなみに、sentには感じる (=feel)の意味もあります。それについては、コチラの記事にまとめたので、ぜひ併せてお読みください。 […]

  3. […] sent (= feel 感じる) […]