【英語語源sent】consent, assent, dissentの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

講師のNです。

 

今回は、consent, assent, dissent…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

さあ始めよう!

 

 

中心はsent「感じる」

今回中心になっているのは、sentです。

 

sentには「感じる (=feel)」という意味があります。

 

たとえばどんな単語に使われているの?

 

 

sentimental「センチメンタルな、感傷的な」という単語はいかがでしょう?

 

分解すると次の通りです。

  • sent-:感じる
  • -mental:単語を形容詞化 (mentが名詞化→alが形容詞化する働きを持つ)

 

 

なるほど!

 

sentは「感じる」

 

このことを頭に入れたうえで、様々な単語を見ていきましょう!

 

consent「同意する」

objectは「同意する、賛成する」という意味になります。

 

 

これは次の通り分解することが出来ます。

  • con-:共に
  • -ject:感じる

 

つまり、

「共に+感じる」

「フムフムなるほど、と一緒に頷く」

「同意する、賛成する」

となるわけです。

 

 

ちなみに、consentは自動詞です。

~に賛成する」の意味で使うときは、必ずtoとセットで使いましょう。

 

He consented to the proposal.

(彼はその提案同意した)

 

assent「同意する」

assentは「同意する、賛成する」という意味になります。consentと同じですね。

 

 

これは次の通り分解することが出来ます。

  • as-:~の方へ(ad-と同じ)
  • -sent:感じる

 

つまり、

「~の方へ+感じる」

「あるものに対してフムフムなるほどと頷く」

「同意する、賛成する」

となるわけです。

 

 

assentは、consentと同じく自動詞です。

assent to~で「~に賛成する」という意味になります。

 

ちなみに、assentは「よく考えて同意する」という意味合いです。

consentとは微妙にニュアンスが違います。

(普段そこまで気にする必要はない気がしますが)

 

dissent「同意しない」

dissentは「同意しない、意見が異なる」という意味になります。

 

 

これは次の通り分解することが出来ます。

  • dis-:反対、分離
  • -sent:感じる

 

つまり、

「反対に+感じる」

「同意しない、意見が異なる」

となるわけです。

 

 

dissentも自動詞です。

「~と意見が異なる、~に同意しない」という意味では、fromとセットで使用します。

 

He dissented from my opinion.

(彼はわたしの意見に同意しなかった)

 

sense「~を感じる」

senseは「~を感じる」という意味になります。

 

 

これはそのまんまですね。sentがやや変化した形です。

  • sense:~を感じる

 

また、名詞としては「感覚、センス」という意味にもなります。

日本語でも「アイツはセンスが優れている」と言ったりしますよね。

 

なお、sentではなく、

senseを語源とした単語もいくつか存在します。

 

もしご興味のある方は、こちらの記事 (語源: senseについて)もご覧ください!

 

scent「匂い、香り」

また、これもほぼそのまんまですが、

scentで「匂い、香り」という意味になります。

 

「感じること」

「鼻で感じること」

「匂い、香り」

というわけですね。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いします。

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれないです)

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 興味のある方は、こちらの記事(語源sentについて)もお読みください。 […]

  2. […] 註:ちなみに、sentには感じる (=feel)の意味もあります。それについては、コチラの記事にまとめたので、ぜひ併せてお読みください。 […]

  3. […] sent (= feel 感じる) […]