YouTubeもやっています!

【徹底検証】英語のアクセントは母音のみにのるのか?【東大卒現役プロ講師】

発音

 

今回は英語のアクセントは母音にのるのか?という話について考えてみたいと思います。

 

英語の発音って、英語を学ぶ際ムチャクチャ重要です。

 

…が、なぜか日本では発音に関する授業がほとんどありません。そこで今回は、アクセントに関する基礎事項をまとめてみました。

 

英語のアクセントは…母音のみ?

まずはザクっとまとめから掲載しておきます。

 

一言で超ざっくり言うと、「アクセントは母音にのる」という理解でOKです。

 

 

ポイント
  • 母音が1つの音節を形成する
  • アクセントは音節にのる

ざっくりとは、「母音にアクセントがのる」と考えてよい

 

  • 子音だけで1つの音節を形成することもある
  • 子音だけで音節を作れるのはl, m, nのみ

⇒ただし、子音だけで作られる音節にアクセントがのることは、調べた限りなさそう(2020.5時点。もし例外があれば追記します)

 

 

一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

母音が1つの音節を形成する / アクセントは音節にのる

まず、基本的には母音が一つの音節を形成します。

 

たとえば、下記の単語を見てください。それぞれ母音の数で音節が決まっています(かっこ内が音節の区切りです)。

  • cat (cat)
  • Japan (ja・pan)
  • television (tel・e・vi・sion)

 

 

そして、アクセントは音節単位にのってきます。

 

 

つまり、

  • 母音を中心に1つの音節を形成 = 母音にアクセントがのる

と考えてよさそうです。

 

※専門書を読むと「アクセントは音節にのる」という記述がなされているので、「アクセントは母音」にのるという記述は100%厳密ではないかもしれませんが、わかりやすさを優先してこのような記述にしています。

 

 

 

先ほどの単語では、下記の赤字部分にアクセントがのっています。全て母音部分ですね。

  • cat (cat)
  • Japan (ja・pan)
  • television (tel・e・vi・sion)

 

子音だけで1つの音節を形成することもある / 子音だけで音節を作れるのはl, m, nのみ

一方、なんと子音だけで1つの音節を形成することもあります。

 

たとえば、下記の単語です。

  • prism (pri・sm)

 

 

mの響きが大きいために、一つの音節とみなされるのですね。

 

 

このように子音だけで音節を形成できるのはl, m, nだけです。

 

 

それぞれのパターンを詳しく見ていきましょう。

 

 

 

ポイント
<lの場合>

“t/d/n + 弱い母音 + l”

  • fatal (fa・tal)
  • medal (me・dal)
  • final (fi・nal)

 

“子音字 + l + e”

  • people (peo・ple)
  • bicycle (bi・cy・cle、cyの部分は/si/と発音している)
  • puzzle (puz・zle)

※tal, dal, nal, leは、つづりの上では語尾に母音が含まれていますが、発音記号上は母音が含まれていません。

 

 

<mの場合>

“-ism”で終わる単語

  • prism (pri・sm)

 

 

<nの場合>

“d/t + 弱い母音 + n”

  • garden (gar・den)
  • Latin (la・tin)

※den, tinは、つづりの上では語尾に母音が含まれていますが、辞書によっては、発音記号上は母音が含まれていません。

 

 

 

ただ、これら子音だけで作られた音節にアクセントが来るパターンは、調べた限りなさそうでした。

 

 

そのため、ザックリとした結論としては、「アクセントは母音にのる」と考えてよさそうです。

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にポイントをまとめておきます。

 

 

音節/アクセントのざっくりしたポイント
  • 母音が1つの音節を形成する
  • アクセントは音節にのる

ざっくりとは、「母音にアクセントがのる」と考えてよい

 

  • 子音だけで1つの音節を形成することもある
  • 子音だけで音節を作れるのはl, m, nのみ

⇒ただし、子音だけで作られる音節にアクセントがのることは、調べた限りなさそう(2020.5時点。もし例外があれば追記します)

 

子音だけで音節を作る場合のポイント
<lの場合>

“t/d/n + 弱い母音 + l”

  • fatal (fa・tal)
  • medal (me・dal)
  • final (fi・nal)

 

“子音字 + l + e”

  • people (peo・ple)
  • bicycle (bi・cy・cle、cyの部分は/si/と発音している)
  • puzzle (puz・zle)

※tal, dal, nal, leは、つづりの上では語尾に母音が含まれていますが、発音記号上は母音が含まれていません。

 

 

<mの場合>

“-ism”で終わる単語

  • prism (pri・sm)

 

 

<nの場合>

“d/t + 弱い母音 + n”

  • garden (gar・den)
  • Latin (la・tin)

※den, tinは、つづりの上では語尾に母音が含まれていますが、辞書によっては、発音記号上は母音が含まれていません。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

発音英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント