【徹底検証】英語のアクセントは母音のみにのるのか?【東大卒現役プロ講師】

発音

 

今回は英語のアクセントは母音にのるのか?という話について考えてみたいと思います。

 

英語の発音って、英語を学ぶ際ムチャクチャ重要です。

 

…が、なぜか日本では発音に関する授業がほとんどありません。そこで今回は、アクセントに関する基礎事項をまとめてみました。

 

英語のアクセントは…母音のみ?

まずはザクっとまとめから掲載しておきます。

 

一言で超ざっくり言うと、「アクセントは母音にのる」という理解でOKです。

 

 

ポイント
  • 母音が1つの音節を形成する
  • アクセントは音節にのる

ざっくりとは、「母音にアクセントがのる」と考えてよい

 

  • 子音だけで1つの音節を形成することもある
  • 子音だけで音節を作れるのはl, m, nのみ

⇒ただし、子音だけで作られる音節にアクセントがのることは、調べた限りなさそう(2020.5時点。もし例外があれば追記します)

 

 

一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

母音が1つの音節を形成する / アクセントは音節にのる

まず、基本的には母音が一つの音節を形成します。

 

たとえば、下記の単語を見てください。それぞれ母音の数で音節が決まっています(かっこ内が音節の区切りです)。

  • cat (cat)
  • Japan (ja・pan)
  • television (tel・e・vi・sion)

 

 

そして、アクセントは音節単位にのってきます。

 

 

つまり、

  • 母音を中心に1つの音節を形成 = 母音にアクセントがのる

と考えてよさそうです。

 

※専門書を読むと「アクセントは音節にのる」という記述がなされているので、「アクセントは母音」にのるという記述は100%厳密ではないかもしれませんが、わかりやすさを優先してこのような記述にしています。

 

 

 

先ほどの単語では、下記の赤字部分にアクセントがのっています。全て母音部分ですね。

  • cat (cat)
  • Japan (ja・pan)
  • television (tel・e・vi・sion)

 

子音だけで1つの音節を形成することもある / 子音だけで音節を作れるのはl, m, nのみ

一方、なんと子音だけで1つの音節を形成することもあります。

 

たとえば、下記の単語です。

  • prism (pri・sm)

 

 

mの響きが大きいために、一つの音節とみなされるのですね。

 

 

このように子音だけで音節を形成できるのはl, m, nだけです。

 

 

それぞれのパターンを詳しく見ていきましょう。

 

 

 

ポイント
<lの場合>

“t/d/n + 弱い母音 + l”

  • fatal (fa・tal)
  • medal (me・dal)
  • final (fi・nal)

 

“子音字 + l + e”

  • people (peo・ple)
  • bicycle (bi・cy・cle、cyの部分は/si/と発音している)
  • puzzle (puz・zle)

※tal, dal, nal, leは、つづりの上では語尾に母音が含まれていますが、発音記号上は母音が含まれていません。

 

 

<mの場合>

“-ism”で終わる単語

  • prism (pri・sm)

 

 

<nの場合>

“d/t + 弱い母音 + n”

  • garden (gar・den)
  • Latin (la・tin)

※den, tinは、つづりの上では語尾に母音が含まれていますが、辞書によっては、発音記号上は母音が含まれていません。

 

 

 

ただ、これら子音だけで作られた音節にアクセントが来るパターンは、調べた限りなさそうでした。

 

 

そのため、ザックリとした結論としては、「アクセントは母音にのる」と考えてよさそうです。

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にポイントをまとめておきます。

 

 

音節/アクセントのざっくりしたポイント
  • 母音が1つの音節を形成する
  • アクセントは音節にのる

ざっくりとは、「母音にアクセントがのる」と考えてよい

 

  • 子音だけで1つの音節を形成することもある
  • 子音だけで音節を作れるのはl, m, nのみ

⇒ただし、子音だけで作られる音節にアクセントがのることは、調べた限りなさそう(2020.5時点。もし例外があれば追記します)

 

子音だけで音節を作る場合のポイント
<lの場合>

“t/d/n + 弱い母音 + l”

  • fatal (fa・tal)
  • medal (me・dal)
  • final (fi・nal)

 

“子音字 + l + e”

  • people (peo・ple)
  • bicycle (bi・cy・cle、cyの部分は/si/と発音している)
  • puzzle (puz・zle)

※tal, dal, nal, leは、つづりの上では語尾に母音が含まれていますが、発音記号上は母音が含まれていません。

 

 

<mの場合>

“-ism”で終わる単語

  • prism (pri・sm)

 

 

<nの場合>

“d/t + 弱い母音 + n”

  • garden (gar・den)
  • Latin (la・tin)

※den, tinは、つづりの上では語尾に母音が含まれていますが、辞書によっては、発音記号上は母音が含まれていません。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント