YouTubeもやっています!

【3分でわかる】「母音」と「母音字」/「子音」と「子音字」の違いとは?

発音

 

今回は「母音」と「母音字」/「子音」と「子音字」の違いについてまとめてみました。

 

発音を詳しく学ぶ上で外せない用語ですが、意外と混同している方が多い気がします。

 

今回は、そんな用語をサクッと説明してみました。まずは基本用語をきっちり確認し、英語の正しい発音を学んでいきましょう!

 

「母音」と「母音字」/「子音」と「子音字」の違い

「母音」と「母音字」/「子音」と「子音字」の違いです。

 

 

ポイント
  • 母音:母音の文字(a, e, i, o, u + y)
  • 母音:母音の

 

  • 子音:子音の文字(bやc~x, y, zなど = a, e, i, o, u以外)
  • 子音:子音の

 

※1 yは母音字と子音字のどちらにも分類され得ます。たとえば次の単語を見比べてみてください。boy(ボーイ)、young(ヤング)左の例では、yが母音として発音されているのに対し、右の例ではyが子音として発音されていますね。このようにyは、子音字の後ろで母音字、母音字の後ろで子音字の働きをします。

※2 ちなみに、「hもhour(アウアー)、hi(ハイ)のように、母音字と子音字のどちらとしても機能するじゃないか! hも母音字じゃないか!」というツッコミが入りそうですが、この場合のhは発音されていない(=ここでのhは文字として存在するのみで、音としては存在していない)のです。hが母音として発音されているわけではないので、hを母音字とはみなしません。このように、文頭のhの発音が落ちることは、フランス語なんかでもよく起こる現象です。

 

 

母音字や子音字は、文字のことを意味するのに対し、

母音や子音は、のことを意味します。

 

 

どっちも同じじゃないの?

 

 

 

かなり違います。

 

 

たとえばaで考えてみましょう。

 

 

文字としてのa、つまり母音字としてのaはこれ一つしか存在しません

 

 

一方、音としてのaはいくつか読み方が存在します。下記の単語を見てください。

  • cat(キャット 、aは「アとエの中間 /æ/」と発音
  • make(メイク、aは「エイ /ei/」と発音

 

 

同じaという文字なのに、音が全く違いますよね。

 

このように、英語の場合は文字と音の関係がかなりバラバラなので、

母音/母音字、子音/子音字を混同しないよう、特に注意を払う必要があるのです。

 

 

「なぜcatとmakeが異なる読み方になっているのか?」は下記の動画or記事をご参照ください。3分程度で理由がスッキリわかります。

【英語の読みの裏技】マジックe/サイレントeとは?

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に改めてまとめてみましょう。

 

ポイント
  • 母音:母音の文字(a, e, i, o, u + y)
  • 母音:母音の

 

  • 子音:子音の文字(bやc~x, y, zなど = a, e, i, o, u以外)
  • 子音:子音の

 

※1 yは母音字と子音字のどちらにも分類され得ます。たとえば次の単語を見比べてみてください。boy(ボーイ)、young(ヤング)左の例では、yが母音として発音されているのに対し、右の例ではyが子音として発音されていますね。このようにyは、子音字の後ろで母音字、母音字の後ろで子音字の働きをします。

※2 ちなみに、「hもhour(アウアー)、hi(ハイ)のように、母音字と子音字のどちらとしても機能するじゃないか! hも母音字じゃないか!」というツッコミが入りそうですが、この場合のhは発音されていない(=ここでのhは文字として存在するのみで、音としては存在していない)のです。hが母音として発音されているわけではないので、hを母音字とはみなしません。このように、文頭のhの発音が落ちることは、フランス語なんかでもよく起こる現象です。

 

 

英語の音声の世界はかなり奥深いですね!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

発音英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント