【絶対引っかかる】not A and Bとnot A or Bの意味・用法とは?

形容詞・副詞

 

今回は次の表現の違いを説明します。

  • not  A and B
  • not A or B

 

 

いずれかが、

「AもBもどちらも~ない(全否定)」「AかBのどちらかは~ではない(部分否定)」という意味になるのですが、私の経験上、知らないと絶対に引っかかります。

 

 

一体どういう意味になるのか? それはなぜなのか?

 

超わかりやすくサクッと解説いたします!

 

not A and Bとnot A or Bの意味・用法

not A and Bとnot A or Bの意味・用法は下記の通りです。

 

 

ポイント
  • not A and B:AかBのどちらかは~ではない(部分否定
  • not A or B:AもBもどちらも~ない(全否定

 

 

おそらく、逆の意味で捉えてしまった人が多いのではないかと思います。

 

しかし実際は、not A and Bが部分否定で、not A or Bが全否定の意味になるのですね。

 

 

例文で見てみましょう。

He does not like Mary and Yuki.

(部分否定:彼はメアリとユキのどちらかが好きではない)

 

He does not like Mary or Yuki.

(全否定:彼はメアリとユキのどちらも好きではない)

 

 

なぜこのような意味の違いが生まれるのでしょうか? 下記にて考察してみたいと思います。

 

not A and Bが部分否定、not A or Bが全否定になる理由

not A and Bが部分否定、not A or Bが全否定になる理由を考えてみましょう。

 

not A and B

まずはnot A and Bから考えてみましょう。

 

これは肯定文から考えるとわかりやすいです。

He likes Mary and Yuki.

(彼はメアリとユキのことが好きだ)

 

肯定文だと「メアリとユキが好きだ」という意味になりますが、これは「メアリとユキの両方好きだ」という意味になりますね。

 

 

そうです、andには「両方」という意味が含まれるのですね。

 

この「両方」という意味合いが、notによって否定されるわけです。

 

 

つまり、

  • 「メアリとユキの両方好きだ」⇒「メアリとユキの両方好き、というわけではない」

ということです。

 

not A or B

一方のnot A or Bも同じ要領で考えてみましょう。

 

これも肯定文から考えるとわかりやすいです。

He likes Mary or Yuki.

(彼はメアリかユキのどちらかが好きだ)

 

 

肯定文だと「メアリかユキのどちらかが好きだ」という意味になりますが、これは「メアリとユキの片方が好きだ」という意味になりますね。

 

 

この「片方」という意味合いが、notによって否定されるわけです。

 

 

つまり、

  • 「メアリとユキの片方が好きだ」⇒「メアリとユキの片方も好きではない(どっちも好きではない)」

ということです。

 

まとめ

いかがでしたか? 以下、まとめです。

 

ポイント
  • not A and B:AかBのどちらかは~ではない(部分否定
  • not A or B:AもBもどちらも~ない(全否定

 

 

ちなみに、似たような表現で

  • either A or B: AかBのどちらか一方
  • both A and B: AとBの両方

というものがありますが、

 

 

これもnotと結びついたときは注意が必要な表現です。下記の記事にてサクッとまとめていますので、よろしければぜひお読みください。

【決定版】all notは全否定か部分否定か?

 

 

 

また、表現を定着させるためには、例文を何度か音読すると良いと思います。

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
形容詞・副詞 接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント