【イメージ図付き】煮る/蒸す/炒める/焼くを英語で言うと【boil/steam/fry/bake/toast/roast/grill/broil/burn】

基本単語

 

今回は料理に関する「煮る/蒸す/炒める/焼く」という意味を持つ単語についてまとめてみたいと思います。

 

boil/steam/fry/bake/toast/roast/grill/broil/burnの違いは完璧に理解出来ているでしょうか?

 

イメージ図付きでわかりやすくお伝えしていきます!

 

boil/steam/fry/bake/toast/roast/grill/broil/burnの意味・用法まとめ

まずはboil/steam/fry/bake/toast/roast/grill/broil/burnという意味・用法の違いをまとめてみましょう。それぞれ下記のような違いがあります。

 

「料理関連」の各単語の違い
  • boil: ゆでる、沸かす、炊く (水を温めて調理)
  • steam: 蒸す、ふかす (蒸す)
  • fry: 炒める、揚げる (フライパンや鍋で火にかける)
  • bake: 焼く (パンやケーキをオーブンで)
  • toast: 焼く (パンやケーキをパリパリに)
  • roast: 焼く (魚や肉をオーブンで)
  • grill / broil: 焼く (魚や肉を網で)
  • burn: 焼く (焦がす…)

 

いまいちピンとこない…

 

大丈夫です。具体的な例文・イメージ図と一緒に見ていきましょう!

 

boil

boil: ゆでる、沸かす、炊く (水を温めて調理)」からみていきましょう。

 

水を温めて調理するものは全てboilになります。

 

 

例を見ていきましょう。

boil eggs: 卵をゆでる

boil water: 水を沸かす

boil rice: 米を炊く

 

steam

「steam: 蒸す、ふかす」です。

 

これはそのままです。steamは蒸すときに使う単語です。

 

 

例はコチラです。

steam sweet potatoes: さつまいもをふかす

steam pork buns: 肉まんをふかす

 

fry

「fry: 炒める、揚げる (フライパンや鍋で火にかける)」です。

 

フライパンや鍋で火にかけるイメージです。チャーハンは、漢字で「炒飯」と書きますが、英語だと”fried rice”です。チャーハンはフライパンで火にかけますからね。

 

 

例はコチラです。

fried rice: チャーハン (炒飯)

fry onions: 玉ねぎを炒める

French fried potatoes/French fries: フライドポテト

 

bake

「bake: 焼く (パンやケーキをオーブンで)」です。

 

パンやケーキをオーブンで焼くイメージですね。ピザなんかでもOKです。

 

 

例はコチラです。

bake a pizza: ピザを焼く

bake a cake: ケーキを焼く

bake bread: パンを焼く

 

toast

「toast: 焼く (パンやケーキをパリパリに)」です。

 

パンやケーキをパリパリに焼くイメージです。「トースター」は日本語にもなじんだ表現ですが、まさにそのイメージです。

 

 

例はコチラです。

toast bread: パンを焼く

toast sandwiches: サンドウィッチを焼く

 

roast

「roast: 焼く (魚や肉をオーブンで)」です。

 

魚や肉をオーブンで焼くイメージで、「ローストビーフ」という表現のイメージそのままです。

 

 

例はコチラです。

roast the turkey: 七面鳥を焼く

roast the chicken: チキンを焼く

roast beef: ローストビーフ

 

grill/broil

「grill / broil: 焼く (魚や肉を網で)」です。

 

網の上で魚や肉を焼くときに使います。下の図を見てもわかる通り、バーベキューのイメージに近いです。(ちなみに、屋外で焼くときは特にbarbequeという単語を使う傾向があるようです)

 

 

例はコチラです。

grill meat: 肉を焼く

grill a fish: 魚を焼く

 

burn

「burn: 焼く (焦がす…)」です。

 

日本人の感覚だと「焼く=burn」と考えがちですが、burnは焦げることを示す単語です。料理に使うとヤバい状況を連想させます。

 

 

例はコチラです。

burn meat: 肉を焦がす

burn the toast: トーストを焦がす

 

まとめ

いかがでしたか? 各単語の違いを改めてまとめてみましょう。

 

「料理関連」の各単語の違い
  • boil: ゆでる、沸かす、炊く (水を温めて調理)
  • steam: 蒸す、ふかす (蒸す)
  • fry: 炒める、揚げる (フライパンや鍋で火にかける)
  • bake: 焼く (パンやケーキをオーブンで)
  • toast: 焼く (パンやケーキをパリパリに)
  • roast: 焼く (魚や肉をオーブンで)
  • grill / broil: 焼く (魚や肉を網で)
  • burn: 焼く (焦がす…)

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。日常英会話で使える表現ですので、これを機会に整理出来れば良いですね!

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント