【英語語源bar 棒、邪魔する】barrier, embarrass…の意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

講師のNです。

 

 

今回は、

barrier, barricade, barrister, embarrass, embarrassing, embarrassment

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

 

さあ行ってみよう!

 

中心はbar「棒、邪魔する」

今回中心になっているのは、barです。

 

barには「棒、邪魔する」という意味があるのですね。

 

 

どうしてそんな意味になるの?

 

 

「チョコバー」とか「アイスバー」なんていうお菓子がありますよね。

あれって「チョコの」、「アイスのという意味なんです。

 

 

さらに、歩いているとき、足元に棒があったら邪魔ですよね。

そこから「邪魔する」という意味も持つようになったのです。

 

 

なるほど!

 

barrier, barricade, barrister, embarrass, embarrassing, embarrassment

bar「棒、邪魔する」を頭に入れたうえで、他の単語もまとめて確認してみましょう。

 

 

  • barrier: 柵、障害
  • bar 邪魔する + er モノ

⇒「邪魔するモノ」

⇒日本語でも「バリアー (=何かの侵入を阻むもの)」と言ったりしますよね

 

 

  • barricade: バリケード
  • bar 邪魔する

⇒日本語の「バリケード」そのまんまです

 

 

  • barrister: 法廷弁護士
  • bar 棒 + er 人

⇒法廷って、棒 (というか机)で「被告人側」と「検察側」で分かれてますよね

⇒「棒の前で話をする人」ということで、「法廷弁護士」となっています

 

 

  • embarrass: ~を当惑させる
  • em ~の中へ + bar 棒

⇒「~の中へ棒を置く」、つまりは「邪魔して困らせる」というコトです

 

 

  • embarrass: ~を当惑させる
  • em ~の中へ + bar 棒

⇒「~の中へ棒を置く」、つまりは「邪魔して困らせる」というコトです

 

 

  • embarrassing: 当惑させるような
  • embarrass 当惑させる + ing 単語を形容詞化 (「~ような」)

 

 

  • embarrassment: 当惑
  • embarrass 当惑させる + ment 単語を名詞化

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

語源を使うと知識が有機的につながるので面白いですね。

必要に応じて語源を使っていけると良いですね。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] bar (= bar 棒) […]