【英語語源clude】include, exclude, precludeの意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、include, exclude, preclude, conclude, seclude…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

中心はclude「閉じる (=close)」

今回中心になっているのは、cludeです。

 

cludeには「閉じる」という意味があります。

 

close「~を閉める」と似ているね!

 

その通りです。closeはcludeから来ているのです!

 

 

このことを念頭に置いたうえで、様々な単語を見ていきましょう!

 

include「~を含める」

まずはカンタンなところから。

include「~を含める」は、次のように考えてみましょう。

 

  • in-:中に
  • -clude:閉じる

 

 

つまり、

「中に閉じる」

「~を含める」

となるわけですね。

 

exclude「~を締め出す」

exclude「~を締め出す、除外する」は次のように考えてみましょう。

 

  • ex-:外に
  • -clude:含める

 

 

つまり、

「外に閉じる」

「外へ追い出してから、閉じてしまう」

「~を除外する、締め出す」

となるわけですね。

 

preclude「~を妨げる」

preclude「~を妨げる、排除する」は、次のように考えてみましょう。

 

  • pre-:前もって
  • -clude:閉じる

 

 

つまり、

「前もって閉じる」

「~を妨げる、排除する」

となるわけです。

 

conclude「~だと結論付ける」

conclude「~だと結論付ける」は、次のように考えてみましょう。

 

  • con-:完全に
  • -clude:閉じる

 

 

つまり、

「完全に閉じる」

「これで終わり!と結論付ける」

「~だと結論付ける」

となるわけです。

 

seclude「~を隔絶する」

seclude「~を隔絶する」は、次のように考えてみましょう。

 

  • se-:離れて (=apart)
  • -clude:閉じる

 

 

つまり、

「離れて閉じる」

「~を隔離する」

となるわけです。

 

 

例えとしてはあまり良くないかもしれませんが、

精神病棟に隔離するようなイメージ (=離れた場所に閉じ込めてしまう)だと思います。

 

 

ちなみに、se-が「離れて (=apart)」という意味になるのは、

separate「~を分ける、分離する」を考えても納得ですね!

 

(重要単語なので、知らなかった方はこれを機会に覚えてしまいましょう!)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

語源の知識は、増えれば増えるほど有利です。

 

 

ある時を境に、「ブワッ」と爆発的に単語力が増える瞬間があるので、

コツコツ勉強してみてくださいね!

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれないです)

 

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] clude (= close 閉じる) […]