【英語語源duce, duct】introduce, produce, reduce…の意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

講師のNです。

 

 

今回は、

introduce, produce, reduce

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

 

どんな説明になるのかな?

 

中心はduce「導く」

今回中心になっているのは、duceです。

 

duceには「導く (=lead)」という意味があります。

 

たとえばどんな単語に使われているの?

 

 

introduce「紹介する」なんてのはいかがでしょう。

 

これは次のように分解できます。

  • intro-: 中へ
  • -duce: 導く

 

 

つまり、

「中へ導く」

「紹介する」

というわけですね。

 

 

duceは「導く」

 

 

このことを頭に入れ、様々な単語を見ていきましょう!

 

produce「~を生産する」

produce「~を生産する」は次のように考えてみましょう。

 

  • pro-:前に、前へ
  • -viv:導く

 

 

つまり、

「前へ+導く」

「新たなモノを世の中へ導きだす」

「~を生産する」

となるわけです。

 

 

producer「生産者、プロデューサー」という表現は、

日本語でも使うことがありますね!

 

reduce「~を減少させる」

reduce「~を減少させる」は次のように考えてみましょう。

 

  • re-:再び、元に、後退
  • -duce:導く

 

 

つまり、

「後退+導く」

「~を後ろ向きに導く」

「~を減少させる」

となるわけです。

 

 

duce「導く」が語源になっているせいでしょうか。

reduceが他動詞になっている、というのは結構大事な点かもしれません。

(自動詞としての用法も一応ありますが)

 

seduce「~を誘惑する」

seduce「~を誘惑する」は次のように考えてみましょう。

 

  • se-:離れて
  • -duce:導く

 

 

つまり、

「離れた+導く」

「離れて悪い方向へ導く」

「~を誘惑する」

となるわけです。

 

induce「~を勧めて…する気にさせる」

induce「~を勧めて…する気にさせる」は次のように考えてみましょう。

 

 

  • in-:中に、中へ
  • -duce:導く

 

 

つまり、

「中に+導く」

「人の内面 (中)を~する方向へ導く」

「~を勧めて…する気にさせる」

となるわけです。

 

 

ちなみにこの単語は

induce O to Vの形で「Oを勧めてVする気にさせる」

という意味になります。

 

He induced me to participate in the game.

(彼はわたしをその試合に参加させる気にした)

 

deduce「~を推論する」

deduce「~を推論する」は次のように考えてみましょう。

 

  • de-:分離・否定・下降
  • -duce:導く

 

 

先ほどseduce「~を誘惑する」という単語がありましたね。

 

deduceも同じく「分離」の意味が含まれていますが、

そこからの意味の連想は少し違ってきます。

 

つまり、

「分離+導く」

「今ある状況から離れて、考えを導く」

「~を推論する」

となるわけです。

 

 

語尾に-ionを付けて名詞化すると、

deduction: 推論、演繹

という意味になります。

 

【番外編】ductにも「導く」という意味がある!

ついでなので、ductにも触れておきましょう。

 

duceと非常に似ていますが、

実はductにも「導く (=lead)」という意味があるのです。

 

 

まとめて紹介すると次のような感じです。

  • conduct: ~を行う、指揮する、導く (con-共に + -duct導く)
  • deduct: ~を控除する、差し引く (de-分離・否定・下降 + -duct導く)
  • induct: ~を就任させる、入会させる (in-中に、中へ + -duct導く)
  • abduct: ~を誘拐する (ab-離れて + -duct導く)

 

 

なお、アクセントは全てductの”u”の部分にあります。

 

ついでに覚えておくと使える知識ですね!

 

おわりに

いかがでしたか?

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いいたします。

 

それではまたお会いしましょう!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] duce, duct (= lead 導く) […]