【接尾辞ful】~に満ちた、~の性質がある【英語語源】

基本表現・語源

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は接尾辞fulについてまとめてみたいと思います。

 

接尾辞って何??

 

 

 

要するに、単語の語尾につくパーツのことですね。

これにより、単語の性質が大きく決まることがあり、そこから意味も推測出来るのです。

 

とても便利!

 

 

 

今回は-fulを接尾辞に持つ単語をいくつか集めてみました。

 

様々な単語を一気に覚えてしまいましょう!

 

fulの意味

まずは接尾辞fulの意味から押さえましょう。

 

fulには、次のような意味があります。

  • ful「~に満ちた、~の性質がある、~がいっぱい」

 

 

何かの性質がモリモリある印象?

 

 

 

ざっくりその印象で間違っていないと思います。

 

つまりfulは、ある単語の性質を強調するような意味合いを持つわけです。

 

careful, useful, helpful…

(おそらくは)比較的なじみのある単語を上の方に並べてみました。

 

「たしかに単語の性質を強めているな!」と実感しつつ眺めてくださいね。

下の方には、ちょっと見慣れぬ単語を並べてみました。

 

 

-fulを持つ単語一覧
  • careful: 注意深い (care「注意」)
  • colorful: カラフルな (color「色」)
  • careful: 注意深い (care「注意」)
  • joyful: 楽しませる (joy「喜び」)
  • useful: 有用な (use「使う」)

 

 

↓ここから下はちょっと難しい (?)かもしれないです

 

  • awful: 不快な、もの凄い、恐ろしい (awe「畏れ」)
  • blameful: 非難すべき (blame「非難する」)
  • delightful: 人を愉快にさせる (delight「喜び」)
  • faithful: 忠実な (faith「信頼、信用」)
  • forgetful: 忘れやすい (forget「忘れる」)
  • fruitful: 実りの多い (fruit「フルーツ」)
  • grateful: ありがたく思う (grate「フルーツ」)
  • harmful: 有害な (harm「害」)
  • mindful: 心を配って、注意して (mind「心」)

 

などなど…

 

 

 

他にもまだまだたくさんありますが、

細かく挙げたらキリがないので今日はここまで!

 

 

 

さては面倒になったな?

 

 

私語は慎みましょうね。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

最後は筆者が面倒になり放棄してしまいましたが、

-fulを持つ単語は、まだまだたくさんあります。

 

 

仮に未知の単語に出会ったとしても、

語尾の形から意味を推測できるようになればカッコイイですね!

 

それではまた!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント