【語源でイメージ】接頭辞”mon, mono”の英単語まとめ【monorail/monarch…】

基本表現・語源

 

今回は“mon, mono”を接頭辞に含む単語をまとめてみました。

 

語源から考えると、様々な単語を一気に本質理解することが出来ます。

 

一体どのようなものなのか? サクッと確認していきましょう!

※接頭辞とは、単語の頭に付くものです。単語の意味を大きく変える傾向があります。

 

“mon, mono”で始まる英単語まとめ

“mon, mono”には、

  • mon, mono: 1つ

というイメージがあります。

 

 

「monorail: モノレール」は、「rail: 線路」が一本しかない電車のことですよね。

 

また、「monoaural: モノラルの」は、片側だけから音声を再生することですが、

  • mono: 1つ
  • aural: 聴覚の、耳に関する

と分解することが出来ます。

 

 

さらに、「monarch: 君主、専制君主、皇帝」は、

  • mon: 1つ
  • arch: 支配者

と分解できます。

 

 

このように「mon, mono: 1つ」というイメージを頭に入れておくと、今後の単語学習がグッと楽になります。下記には、主な単語をいくつかピックアップしておきましたので、参考にしてみてくださいね。

※リンクの貼ってるものは、リンク先でさらに様々な語源を紹介しています。どんどん語彙力をアップさせていきましょう!

 

ポイント
  • monarch: 君主、専制君主、皇帝
  • monism: 一元論、唯一神の信仰「ism: 主義」
  • monk: 僧(「一人で暮らしている」というイメージ)
  • monochrome: モノクロの
  • monoculture: 単一栽培作物、単一文化「cul: 耕す」
  • monocycle: 一輪車
  • monolog/monologue: 一人芝居、独白(「log: 話す」)
  • monopoly: 独占、専売
  • monopolize: ~を独占する「ize: 単語を動詞化」
  • monotone: 単調、単調な話し方
  • monotony: 単調、退屈
  • monoxide: 一酸化物

 

おわりに

いかがでしたか? 語源は威力抜群なので、超オススメの単語勉強法です。たくさんの文章を読み込むのと並行で、語源学習も出来ると効果抜群だと思います。

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がイチオシです。なぜか一般の書店ではあまり見かけない気がします。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

また、辞書のジーニアス英和辞典 第5版は語源の説明が充実しているのでおススメです。(そして、辞書としても最も使い勝手が良いように感じます)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


コメント