【サクッと英会話】「不都合な真実が明らかになる」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は「不都合な真実が明らかになる」を英語で表現してみましょう!

 

 

 

「ばれたらやばい、ばれたらやばい…」

 

 

「不都合な真実が明らかになる」の英語表現

「不都合な真実が明らかになる」として考えられる英語表現は下記の通りです。

 

 

ポイント
  • an inconvenient truth: 不都合な真実
  • become clear: 明らかになる

 

 

例文はコチラです。

An inconvenient truth will become clear if they investigate the case.

(もし彼らがその事件を調査すれば、不都合な真実が明らかになるだろう)

 

an inconvenient truthとbecome clearを単独で使用した例文も一応載せておきます。

We have to face an inconvenient truth to confront the global warming.

(地球温暖化に立ち向かうため、我々は不都合な真実に向き合わねばならない)

 

The dangerous nature of the disease will soon become clear.

(その病気の危険な性質は、すぐに明らかになるだろう)

 

 

なお、地球温暖化に警鐘を鳴らしたドキュメンタリー映画に”An Inconvenient Truth”というものがありますね。邦題は不都合な真実 (字幕版)です。

 

 

参考 (ウィキペディア):An Inconvenient Truth

 

 

興味のある方はぜひ。アマゾンプライムですぐに観れますよ!

 

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
サクッと英会話英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント