【サクッと定型表現】push the envelopeの意味・用法【語源は?】

基本単語

 

今回はpush the envelopeの意味をサクッと解説してみます。

 

会話文でたまに出てくる表現ですが、一体どのような意味を持つのでしょう?

 

例文付きでサクッと見てみましょう! さらに、今回は語源についても探ってみました。

 

push the envelopeの意味・用法+語源

push the envelopeの意味・用法は下記の通りです。

 

ポイント
  • push the envelope: 限界に挑む、やりすぎ(許容範囲を超えている)

※envelope: 封筒

 

 

「封筒を押す」が「なぜ限界に挑む」になるのか?

 

元々はpush the edge of envelope「封筒の端を押す」というところから来ているようです。封筒の端のようにギリギリを攻めていくと、確かに「限界を攻めていく感じ」が出ますよね。

 

 

コチラが例文です。

I love the story in that it pushes the edge of established frameworks.

(そのお話が既存の枠組みに挑んでいるという点で、私はそのお話が大好きだ)

 

I don’t want to fuss about what you do, but you are pushing the envelope.

(君のすることを騒ぎ立てたくはないのだけど、君はやり過ぎだよ)

 

 

こんな表現もサラッと出てくるようになるとカッコイイですね。何度か口ずさんでみましょう。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント