【英語語源sense】consensus, insensate…の意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

講師のNです。

 

今回は、consensus, insensate, extrasensory…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

さあ始めよう!

 

 

中心はsense「感じる」

今回中心になっているのは、senseです。

 

senseには「感じる (=feel)」という意味があります。

 

たとえばどんな単語に使われているの?

 

 

そのまんまですが、senseには

  • 動詞:~を感じる
  • 名詞:感覚、センス

という意味があります。

 

日本語でも「アイツはセンスがある」と言ったりしますよね。

 

 

なお、”sent”の語源も同じく「~を感じる」です。

興味のある方は、こちらの記事(語源sentについて)もお読みください。

 

consensus「合意、意見の一致」

consensusは「合意、意見の一致」という意味になります。

 

 

これは次の通り分解することが出来ます。

  • con-:共に
  • -sens:感じる

 

つまり、

「共に+感じる」

「合意、意見の一致」

となるわけです。

 

insensate「理性を欠いた」

insensateは「理性のない、感覚のない」という意味になります。

 

 

これは次の通り分解することが出来ます。

  • in-:否定
  • -sens:感じる
  • -ate:単語を形容詞化 (名詞化することもアリ)

 

つまり、

「否定+感じる+形容詞」

「感じることのない+形容詞」

「理性のない、感覚のない」

となるわけです。

 

extrasensory「超感覚的な」

extrasensoryは「超感覚的な」という意味になります。

 

 

これは次の通り分解することが出来ます。

  • extra-:範囲外の、普通以上の(単語を形容詞化)
  • -sens:感じる
  • -ory:単語を形容詞化 (名詞化することもアリ←今回はコッチ!)

 

つまり、

「範囲外の+感じる+名詞」

「超感覚的な」

となるわけです。

 

この単語、どんなタイミングで使うの…?

 

たとえば、

extrasensory perception「超感覚的知覚、第六感」

という表現で使われたりしますね!

 

なお、「第六感」については、

普通にsixth sense (=六番目の感覚)と表現してもOKですよ!

 

nonsense「バカげた考え・行為」

nonsenseは「バカげた考え・行為、ナンセンス」という意味になります。

 

 

これは次の通り分解することが出来ます。

  • non-:否定
  • -sense:感じる

 

つまり、

「否定+感じる」

「イミ不明過ぎて感じない」

「バカげた考え・行為、ナンセンス」

となるわけです。

 

 

これは、「そんなのナンセンスだよ!(≒バカげてるよ!)」

という日本語表現もあるので、そこから覚えてしまってもOKですね。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いします。

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれないです)

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] もしご興味のある方は、こちらの記事 (語源: senseについて)もご覧ください! […]

  2. […] sense (= feel 感じる) […]