不定詞

準動詞

【サクッと理解】不定詞toV / 動名詞Vingの「意味上の主語」とは?

今回は不定詞toV / 動名詞Vingの「意味上の主語」についてまとめたいと思います。 「意味上の主語」という単語は参考書等で何度か見て、 「結局なんなの?」という方も多いのではないでしょうか? ...
準動詞

【決定版】to Vingの形を取る表現11選【動名詞まとめ】

今回は、to Vingの形を取る表現をまとめたいと思います。 一見するとto V (不定詞)とごちゃ混ぜになりそうですが、 to Vingのパターンの動詞はそれほど多くありません。 まずは代表的な表...
英文法

【なぜ?】be sure to V/be sure of Vingの意味と違い

今回はbe sure to Vとbe sure of Vingの違いについて考えてみたいと思います。 実はこれ、形こそ似ていますが、全く違う意味を持つ表現なのですね。 何が違う...
英文法

【動名詞 Ving】意味上の主語/not/havingの位置

こんにちは、講師のNです。 今回は動名詞 (Ving)の見落としがちな用法についてまとめたいと思います。 動名詞で、 意味上の主語 not having(時制を過去へずらす) ...
英文法

had better Vの意味・用法とは?【~した方がよい】

今回は、had better Vについて考えてみたいと思います。 肯定文、否定文、疑問文を順番に見ていきましょう。 had better Vの肯定文 肯定文であれば、had better Vは「Vした方がよ...
英文法

too~to Vとso~that SV 書き換え時の省略について

今回取り上げるのは、too~to Vとso~that SVです。 これ、書き換えの問題でよく出るのですが、 目的語を省略するかどうか?という点がよく狙われます。 いったいどういう...
準動詞

【in which to do】前置詞+関係代名詞+to Vとは?

こんにちは、今回紹介するのは前置詞+関係代名詞+to V(不定詞)です。 関係代名詞の一種で、少し特殊な形をしています。あまり使われない形ではありますが、初見で訳すのは難しいので、これを機会にしっかりマスターしてくださいね。 ...
準動詞

【不定詞と動名詞】forget to V / forget Vingの意味と違いとは

こんにちは、講師のNです。 今回は不定詞と動名詞の違いについて紹介します。 不定詞はto V、 動名詞はVingのことだっけ? その通りです。では、...
準動詞

原形不定詞Vをとる動詞 & 定型表現まとめ

こんにちは、講師のNです。 今回は原形不定詞を解説します。 この形をとる動詞はある程度限られているので、これを機会に一網打尽にしてしまいましょう! 原形不定詞とは? 原形不...
準動詞

【不定詞のルールまとめ】to Vの否定形の作り方他

こんにちは、講師のNです。引き続き不定詞を扱います。 今回は不定詞の否定形の作り方や、過去形への時制のずらし方、その他重要表現を紹介します。 不定詞のその他ルールは、下記の過去記事をご覧くださいね。 ...