【イメージ・語呂で分かる】be to構文の意味・用法まとめ

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回はbe to構文の意味・用法をまとめてみたいと思います。

 

be to Vの形で使われる表現で、文脈次第で5つの意味を持ちます。

 

しかし、「ある語呂合わせ」と「あるイメージ」を押さえれば、二度と忘れなくなりますよ!

 

be to用法(助動詞的表現)

be to用法は、be to Vの形で使用します。位置的には助動詞と同じ場所にくるので、助動詞的表現と呼ばれたりもします。

 

こいつが厄介なのは、訳し方が複数パターンあることです。

 

be to用法の意味
  1. 予定(~する予定でいる)
  2. 義務(~すべきだ)
  3. 意図(~するつもりだ)ifとセットで使用
  4. 可能(~できる)not+受身形で使用されやすい
  5. 運命(~するよう運命づけられている)

 

 

よく言われている語呂合わせは、

「ビートたけしは ぎょうかい 人」というものです。

 

  • ぎ=義務
  • よ=予定
  • う=運命
  • か=可能
  • い=意図

というわけですね。

 

 

また、パーツ別に分解して考えると、この表現のイメージを本質的に理解することもできます。

  • be=~であるという状態
  • to V=Vという行為に向かっている

 

 

「go to Tokyo: 東京へ行く」という表現にtoが使われていることからもわかる通り、toにはある方向へ向かっていく/到達するというイメージがあります。

 

 

つまり、be to構文の本質的な意味は、「Vという行為に向かっている状態にある」ということなのです。

 

これを広く解釈していくと、下記のように様々な意味を持つことがわかると思います。

 

  1. 予定(~する予定でいる)⇒Vという予定に向かっている
  2. 義務(~すべきだ)⇒Vという方向に仕向けられている
  3. 意図(~するつもりだ)⇒Vという方向に気持ちが向かっている
  4. 可能(~できる)⇒Vに向いているので、その行為をすることが出来る
  5. 運命(~するよう運命づけられている)⇒Vの方向に運命が向いている

 

 

具体例は下記にて見ていきましょう。

 

予定(~する予定でいる)

感覚的には、この訳し方が最も多いかもしれません。未来の予定を表す時に使います。(≒will)。

 

He is to visit Tokyo next week. (彼は来週東京を訪れる予定です)

 

義務(~すべきだ)

お次は「義務」の訳です(≒should)。

 

You are to leave here as soon as possible. (君はこの場所を出来るだけすぐに離れるべきだ)

 

意図(~するつもりだ)

テンポよくいきましょう。「意図」の訳です(≒意志のwillに多少近い)。if節とセットでの使用が基本です。

 

また、意志のwillは、IやWeが主語の時にしか原則使われませんが、be to用法の「意図」は、主語にかかわらず使われます。

 

If you are to meet him, you have to leave here right now. (もし君が彼に会うつもりなら、君はいますぐここを出なければいけない)

 

可能(~できる)

お次は「可能」の訳です。原則として、否定+受け身の文で使用されます。

 

否定+受身の文で使用されやすい、という点が超ポイントです。和訳問題なんかでちょくちょく狙われます。

 

 

下の例文では、”was not”部分が否定、”to be found”部分が受け身になっていますね。

The key was not to be found in the box. (そのカギは箱の中にはなかった = 箱の中で見つけられることはできなかった)

 

運命(~するよう運命づけられている)

ラストは「運命」の訳です。「~するよう運命づけられている」という訳になります。

 

He was never to see his father again. (彼は、彼の父親に二度と会わない運命だった)

 

be to用法の訳し方について

鋭い方はお気づきかもしれませんが、これ、文脈次第でどの訳にもなり得るんですね。たとえば、最初の例文は「予定」の訳で訳しました。

 

He is to visit Tokyo next week. (彼は来週東京を訪れる予定です)

 

ただ、その前の文脈が「彼は東京で大事な会議がある」等であれば、「義務」の訳も成り立つんです。

 

He is to visit Tokyo next week. (彼は来週東京を訪れなければいけない)

 

 

なので、「意志」の意味になるのはifとセットが基本、などの縛りはある程度ありますが、前後の文脈から判断して訳すようにしてください。

 

また、和訳問題等で問われない限りは、あまり「どの訳になるのか?」にこだわりすぎず、さらっと流して読んでも良いと思います。

 

おわりに

いかがでしたか? これでbe to用法は終わりです。

 

一度理解したら、あとは問題集を何度も解くなり音読をするなりして、知識をしっかり身につけてくださいね。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
文型(動詞・助動詞・受動態)準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 不定詞のbe to用法④ […]

  2. […] 不定詞のbe to用法④ […]

  3. […] 不定詞のbe to用法④ […]

  4. […] ・【不定詞の苦手克服!】be to構文とは?【義務・予定・運命・可能・意図】 […]

  5. […] 不定詞のbe to用法④ […]