YouTubeもやっています!

【サクッと英会話】「お先にどうぞ」「わたしが先です!」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「お先にどうぞ」「わたしが先です!」を英語で表現してみたいと思います。

 

訪日外国人も増えており、日常会話でスッと出てくるとカッコイイ表現ですね!

 

「お先にどうぞ」

まず、「お先にどうぞ」は”After you.”と表現します。

 

after (やbefore)は前後関係を意味することが出来るのですね。

 

エレベーターから降りるときなど、

“After you.”と順番を譲ってあげると、相手からは”Thank you.”と感謝される (ハズ)です。

 

「わたしが先です!」

一方、相手に順番を抜かされてしまったときは、

I am first. (わたしが先です)

I was first. (わたしが先です)

と表現します。

 

 

残念ながら、マナーの良い人ばかりではないので、

自己主張すべき時に備え、こちらの表現も覚えておくと便利です。

 

※余談ですが、怒る時は日本語で思いきりまくしたてた方が効果的です (特に日本で口論をする場合)。全くわからぬ言語でまくしたてられた時の方が、人は恐怖感を覚えるものです。

 

 

 

どちらも短いフレーズなので、それぞれ何度か口ずさんで、

フレーズごと覚えてしまいましょう!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

サクッと英会話英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント