【関係代名詞と関係副詞】非制限用法とは? 制限用法との意味の違い

英文法

 

こんにちは、講師のNです。今回は関係代名詞/関係副詞の非制限用法について説明します。

 

ひせいげんようほう??

 

一発でわかるようカンタンに説明します。制限用法との違いも要チェックですね。

 

非制限用法とは?

非制限用法とは、カンマ付きの関係代名詞/関係副詞のコトです。カンマがあるのがポイント。

 

非制限用法が使える関係代名詞/関係副詞は決まっているので注意です。また、非制限用法での関係代名詞/関係副詞の省略は不可なので要注意。

 

 

非制限用法が使える単語
<非制限用法での使用OK>

which, who, whom, whose, when, where, as

前置詞+which/whom, 名詞+前置詞+which/whom

 

<非制限用法での使用NG>

that, what, why, how, but, than

 

 

例文はコチラ。

He has three sons, who live in Tokyo.

(彼は3人の息子がいるが、その3人の息子は東京に住んでいる)

 

先行詞はthree sons「3人の息子」ですね。three sonsを、who~のカタマリが付け足すように説明しているんです。

 

「~だが、…である」と、頭から訳すようにしてください。「付け足すように説明」という感じが非制限用法の特徴です。

 

制限用法と非制限用法の意味の違い

次に制限用法と非制限用法の違いを説明します。制限用法はいわゆるフツーの用法、非制限用法はカンマ付きの用法です。

 

なんのために非制限用法を使うの?

フツーの関係代名詞じゃダメなの?

 

制限用法、非制限用法をそれぞれ例文で見てみましょう。

 

制限用法の意味

まずは制限用法から。

 

<制限用法>

He has three sons who live in Tokyo.

(彼は東京に住んでいる3人の息子がいる)

 

制限用法は、「東京に住んでいる→3人の息子」と、関係代名詞のカタマリをまず訳し、それが先行詞「3人の息子」を修飾するように訳していますね。これ、あくまで「3人の息子」について話しているだけなんです。「4人目、5人目…」の息子がいる可能性があるんですよ。

 

日本語でも「東京に住んでいる息子が3人いるんですよ」と言ったとき、他に息子がいる可能性を否定できませんよね。名詞を修飾的するとき、この現象が起きるんです。

 

「東京に住む→3人の息子」といってしまうと、ほかに「大阪に住む→2人の息子」、「パリに住む→1人の息子」…がいるかもしれないという、その他の可能性を残してしまうからです。もちろん他に息子がいない、息子は3人だけ、という可能性もあるんですけど、そこがハッキリしないんですね。

 

図で示すと次のようなイメージです。

 

非制限用法の意味

次に非制限用法の例文です。

 

<非制限用法>

He has three sons, who live in Tokyo.

(彼は3人の息子がいる。その3人の息子は東京に住んでいる

= 彼は3人の息子がいるが、その3人の息子は東京に住んでいる)

 

非制限用法では、「4人目、5人目…」の息子がいる可能性を排除できるんです。

 

「彼は3人の息子がいる。その3人の息子は東京に住んでいる」と、一度文を切っています。(註:試験では「~だが、…だ」という下の方の訳が無難ですが、意味合いとしては文を切ってしまって構いません)カンマがあるおかげで、「~だ。…だ」と途中で文が切れているんですね。

 

文が切れるとどういう意味になるかというと、「4人目、5人目…」の息子がいる可能性を排除できるんです。「彼には3人の息子がいる」とまず言い切ってしまっているわけですから。「3人」であることを言い切って、そのうえで「3人の息子は~している」と、+αの情報を付け足しているわけです。+αの情報を付け足すとき、最初に言い切っているわけなので、「4人目、5人目…」の息子がいる可能性を排除できるんです。

 

図で示すと次のようなイメージです。

 

制限用法を使えないパターン

制限用法を使わず、非制限用法を使用すべきパターンというものが存在します。固有名詞について言及するときは、非制限用法を使うのが一般的です。

 

例文で見てみましょう。

<制限用法NGのパターン>

I love New York which I visited last year.

(私は昨年訪れたニューヨークが好きだ)

 

何がダメなの?

 

 

制限用法の意味を思い出してください。制限用法を使うと、その他の可能性を残してしまうんでした。息子のたとえ話で言えば、「4人目、5人目…」の息子がいる可能性を排除できないんです。

 

今回の話に当てはめると、「2つめ、3つめ…」のニューヨークが存在する可能性を残してしまうということです。ニューヨークは1つしか存在しないので、これはおかしいです。なので、ここでは非制限用法を使うのが正しいのです。

 

<非制限用法を使用>

I love New York, which I visited last year.

(私はニューヨークが好きだが、ニューヨークを昨年訪れた)

 

同じく、「ジョン」のような特定の人名のときも、制限用法はNGです。ジョンは特定の人物ですから。

 

共通の知人に「日本のジョン」、「アメリカのジョン」、「フランスのジョン」がいる!というような特殊なケースでは、John who lives in Japanのように制限用法を使ってもOKですが。これはあくまで特殊ケース。固有名詞を使うときは基本的に、「唯一の存在」としてその人物/場所/モノを思い浮かべているのです。

 

非制限用法の例文

次に、非制限用法の例文をサクッと見ていきましょう。

 

which

非制限用法のwhichです。

 

まずは先ほどの例文。先行詞がNew York(人以外)なのでwhichを使用しています。

I love New York, which I visited last year.

(私はニューヨークが好きだが、ニューヨークを昨年訪れた)

 

また、whichは前の文全体(あるいは一部)を先行詞とすることもできます。

They swim in winter, which I think crazy.

(彼らは冬に泳ぐが、わたしはそれをクレイジーだと思う)

 

「彼らは冬に泳ぐ」という前の文全体をwhichがさしています。

 

ちなみに、think O Cで「OをCと考える、思う」です。元の語順はthink which crazyなので、「which (=前の文の内容)をクレイジーと思う」と訳しています。

 

who

非制限用法のwhoです。

 

今回の記事で使った例文です。先行詞が3人の息子(人)なので、whoを使っています。

He has three sons, who live in Tokyo.

(彼は3人の息子がいるが、その3人の息子は東京に住んでいる)

 

whom

非制限用法のwhomです。

 

先行詞が3人の息子(人)で、目的格になっているのでwhomを使っています。

He has three sons, whom I met in Tokyo.

(彼は3人の息子がいるが、わたしはその3人の息子に東京で会った)

 

「目的格」というのは、要するに関係代名詞のカタマリの中でwhomが目的語の位置にきている、ということです。

 

元の語順はI met whom (=three sons) in Tokyo「わたしは3人の息子に東京で会った」です。目的語の位置にきているので、whoではなくwhomを使うのが正しいです。(whomは関係代名詞なので文の頭にきて、whom I met in Tokyoとなっています)

 

前置詞+which/whom

非制限用法の前置詞+which/whomと、where、whenのパターンです。

 

前置詞+whichの例文です。

 

先行詞はニューヨークです。I lived in New York (=in which)が前提となっています。inとwhichは離れてもOK、先行詞が「場所」なのでin which = whereも可能です。

I love New York, in which I lived.

= I love New York, which I lived in.

= I love New York, where I lived.

(わたしはニューヨークが好きだが、わたしはニューヨークに住んでいた)

 

 

次は前置詞+whomの例文です。

 

先行詞は3人の息子です。I gave presents to three sons (=to whom)が前提となっています。toとwhomは離れてもOKですが、離れたらwhomはwhoに変化します。(見た目上、前置詞の目的語ではなくなるので)

He has three sons, to whom I gave presents.

= He has three sons, who I gave presents to.

(彼は3人の息子がいるが、わたしはその3人の息子にプレゼントをあげた)

 

名詞+前置詞+which/whomとwhose

非制限用法の名詞+前置詞+which/whomと、whoseのパターンです。

 

名詞+前置詞+whichとwhoseの例文です。

 

先行詞はニューヨークです。the mayor of New York (=the mayor of which) is famousが前提となっています。whoseに置き換えることも可能です。

I love New York, the mayor of which is famous.

= I love New York, whose mayor is famous.

(わたしはニューヨークが好きだが、その市長は有名だ)

 

 

次は名詞+前置詞+whomとwhoseの例文です。

 

先行詞は3人の息子です。the wives of the three sons (=the wives of whom)が前提となっています。whoseに置き換えることも可能です。

He has three sons, the wives of whom are all beautiful.

= He has three sons, whose wives are all beautiful.

(彼は3人の息子がいるが、その息子の妻たちは全員美しい)

 

whereとwhen

非制限用法のwhereとwhenのパターンです。関係副詞で非制限用法がOKなのはwhereとwhenのみです。制限用法と同じく、「前置詞+関係代名詞」の構造を前提としています。

 

<参考>関係詞副詞の使い方まとめ

 

whereの例文です。

 

先行詞はニューヨークです。I lived in New York (=in which)が前提となっています。先行詞が「場所」なのでin whichをwhereで置き換え可能なのです。

 I love New York, where I lived.

= I love New York, in which I lived.

= I love New York, which I lived in.

(わたしはニューヨークが好きだが、わたしはニューヨークに住んでいた)

* 前置詞+which/whomで扱ったのと同じ例文を使っています。

 

 

whenの例文です。

 

先行詞は日です。I defeated him on the day (=on which)が前提となっています。先行詞が「時」なのでon whichをwhenで置き換え可能なのです。

 I still remember the day, when I defeated him.

= I still remember the day, on which I defeated him.

= I still remember the day, which I defeated him on.

(わたしはいまだにその日を覚えているが、その日とはわたしが彼に打ち勝った日だ)

 

as

ラストは非制限用法のasです。前の文を先行詞にします。whichにも同じ用法がありました。

 

whichとの違いは、asのカタマリは先行詞より前に来ることも可能な点です。

(註:他には、as内で否定語を使うのはNG/which内で否定語を使うのはOK、asが主格になる時はbe動詞やseemなどしか使えない、という違いもありますが、細かすぎるので流します)

 

というわけで例文です。先行詞は前の文の内容です。

He didn’t listen to me, as is often the case with him.

= As is often the case with him, he didn’t listen to me.

= He didn’t listen to me, which is often the case with him.

(彼にはよくあることだが、彼はわたしの話に耳を傾けなかった)

 

特殊な使い方なので、慣れるためにもう一つasの例文を見ておきましょう。

He is very lazy, as his work shows.

As his work shows, he is very lazy.

= He is very lazy, which his work shows.

(彼の仕事ぶりが見せるように、彼はとても怠惰だ)

 

まとめ

お疲れさまでした! 長くなったので、最後に要点だけまとめておきます。

 

 

非制限用法が使える単語
<非制限用法での使用OK>

which, who, whom, whose, as

when, where

前置詞+which/whom, 名詞+前置詞+which/whom

 →非制限用法では、関係代名詞、関係副詞の省略は不可

 

<非制限用法での使用NG>

that, what, why, how, but, than

 

非制限用法の意味
  • 「~だが、…だ」という訳が基本
  • 「~」の部分で一度言い切るので、他の可能性は排除される(「4人目の息子」はいない。下図参照)
  • 先行詞が固有名詞(New YorkやJohnなど)のときは、非制限用法を使うようにする。制限用法(カンマなしのフツーの関係代名詞)だと、「他に固有名詞がある」可能性を排除できないので、固有名詞に対して制限用法を使用するのは通常好ましくない。

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。ご不明な点などあれば質問欄にてお願いします。

 

 

※関係詞についてさらに理解を深めたい方は、ぜひこちらをお読みくださいね!

【一発で理解】連鎖関係代名詞とは?

【関係代名詞as, but, than】疑似関係代名詞とは?

【3分で理解】関係代名詞thatが好まれるパターン

【関係代名詞の省略まとめ】there is~では主格でも省略可能??

 

コメント

  1. […] <参考記事>非制限用法とは? 制限用法との違い […]

  2. […] <参考記事>非制限用法とは? […]