YouTubeもやっています!

【まとめて理解!】進行形にできない動詞とは?

文型(動詞・助動詞)

 

今回は進行形にできない動詞をまとめてみたいと思います。

 

 

なんか聞いたことあるような…

よくわからなかったけど

 

 

今回は大丈夫!

 

進行形が持つ意味を本質から理解すれば、もう忘れることはありませんよ!

【アナタは大丈夫?】進行形の本当の意味とは?【英語Ving出来ない動詞まとめ】

 

長時間続く動詞は進行形にできない!

「どのような動詞が進行形にできないのか?」を覚える際に記憶すべきルールはただ一つ。

 

それは、長時間続く動詞は原則進行形にしないということです。

 

 

どういうこと?

 

 

進行形というのは、下記のように躍動感あふれる表現です。

  • 比較的短い時間の継続
  • 動作や状態が途中であること(終わっていないこと)

 

 

つまり、長時間続くことを意味する動詞とは相性が悪いのです。

 

 

原則として進行形にしない動詞は下記の通りです。

全て長時間続く (概ね数週間以上) 動詞であることを意識してくださいね。

 

 

原則進行形にしない動詞まとめ
  • believe: ~を信じる
  • belong to: ~に所属する
  • contain: ~を含む
  • have, own, possess: ~を持っている、~を所有している、~を所有している
  • know: ~を知っている
  • like, love: ~が好き、~を愛する
  • live: 住む
  • remember: ~を覚えている
  • resemble: ~に似ている
  • understand: ~を理解する

 

例文で確認してみましょう。

I know him.

(わたしは彼を知っている)

 

 

「彼を知っている」という状態は、相当なことがない限り、しばらく続きますよね。

 

そのうち忘れてしまうことはあるかもしれませんが、

それでも「知っている」という状態はある程度の期間継続されるハズです。

 

 

参考書によっては、

「3秒ごとに再開したり止めたりできない動詞は進行形にしてはいけない!」

という記述がありますが、これも言っていることは同じです。

 

 

ある程度の期間継続される動詞 (=再開&止めることが出来ない動詞)は、進行形と相性が悪いのです。

 

例外

しかし、何事にも例外はあるものです。

 

先ほど挙げた「進行形不可な動詞」でも、進行形にできてしまうことがあるのです。

 

 

カンベンしてよ…

 

 

大丈夫!

 

 

進行形が持つ

  • 比較的短い時間の継続
  • 動作や状態が途中であること(終わっていないこと)

 

という躍動感を頭に置いておけば、一発で理解できます!

 

例外1: have「~を食べる」

まずはhaveです。

 

先ほどはhave「~を持っている」なら進行形は不可と記述しましたが、

haveには「~を食べる」という意味もあります。

 

 

「何かを食べる」という行為が数週間続くことはありえませんね。

 

つまり、短い時間しか継続しないので、

have「~を食べる」という意味の場合は進行形にできるのです。

 

 

コチラが例文です。

He is having dinner.

(彼は夕食を食べている)

 

例外2: 一時的であることを強調する場合

一時的であることを強調する場合、進行形にすることもあります。

 

例文を見てみましょう。

He is living in Nagoya.

(彼は一時的に名古屋に住んでいる)

 

 

中期の出張か何かで数か月ほど名古屋に住んでいるのだ。

名古屋に住んでいるのは一時的なコトなのだ。

 

一時的であることを強調したいとき

原則進行形不可の動詞が進行形になることもあります。

 

例外3: ドンドンある状態に近づくとき

ドンドンある状態に近づくことを強調するとき、進行形を使うことがあります。

 

I am loving it.

(わたしはそれをドンドン好きになる)

 

 

「好き」という状態に向かいズンドコ突き進んでいく躍動感を、進行形によって表現しているのですね。

 

 

ちなみに、例文に使用したのはマクドナルド (マック)で使われているフレーズです。

 

“I’m lovin’ it.”というやつですね。「マックをドンドン好きになる」ということを意味しています。

 

おわりに

進行形のニュアンスを本質から理解すれば、一見「?」なルールもスルっと理解できますね!

 

なお、進行形の様々な用法は下記の記事でも紹介しています。ご興味があれば、ぜひお読みください。

 

参考:【決定版】進行形とは? 進行形が持つ様々な意味をザクっとまとめてみた

 

 

それでは! 最後までお読みくださりありがとうございました。

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

文型(動詞・助動詞)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント