【決定版】seldom/rarely/hardly/scarcelyの違いとは【準否定語の使い方】

倒置・否定・省略・強調

 

今回はseldom/rarely/hardly/scarcelyの違いについてまとめてみたいと思います。

 

これらは準否定語と呼ばれる単語ですが、ほんの少し注意が必要な単語なのですね。

 

どこに注意すべきなのか? 派生表現も一緒にチェックしていきましょう!

 

seldom/rarely/hardly/scarcelyの違い

seldom/rarely/hardly/scarcelyの違いは下記の通りです。大きく2種類に分けられます。

 

ポイント
  • seldom、rarely:頻度(めったに~ない)
  • scarcely、harldy:程度(ほとんど~ない)

⇒文中での位置はnotと同じ!

※seldomとscarcelyに比べ、rarelyとhardlyの方が口語的

 

 

 

「頻度に関する表現なのか? 程度に関する表現なのか?」が大きな違いです。

また、準否定語と呼ばれるだけあり、文中ではnotと同じ位置に来ます。

 

例文はコチラです。意味合いの違いと、準否定語の位置 (notと同じ位置にくる)点を確認してくださいね。

The dog seldom bites. (そのイヌはめったに噛まない)

The dog does not bite. (そのイヌは噛まない)

 

We hardly know him. (私たちは彼をほとんど知らない)

We do not know him. (私たちは彼を知らない)

 

その他の派生表現

その他の表現もチェックしてみましょう。

 

ポイント
  • hardly any A、scarcely any A:程度 (ほとんどAがない)
  • hardly ever、scarcely ever頻度(めったにない)

⇒文中での位置はnotと同じ!

 

ここではanyとeverに注目してください。

 

それぞれ、

  • any: 程度
  • ever: 頻度

を表す表現です。

 

 

hardly/scarcelyは、any/everにくっついているだけで、

「文全体が程度なのか頻度なのか?」はany/everが決定しているのですね。

 

 

コチラが例文です。先ほどと同じく、notと同じ位置に来ている点も注目してくださいね。

There are hardly any flowers in our garden.

There are scarcely any flowers in our garden.

(私たちの庭にはほとんど花がない)

 

We hardly ever go on a trip alone.

We scarcely ever go on a trip alone.

(私たちは一人で旅行をめったにしない)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にポイントを改めてまとめておきます。

 

 

ポイント
  • seldom、rarely:頻度(めったに~ない)
  • scarcely、harldy:程度(ほとんど~ない)

⇒文中での位置はnotと同じ!

※seldomとscarcelyに比べ、rarelyとhardlyの方が口語的

 

ポイント
  • hardly any A、scarcely any A:程度 (ほとんどAがない)
  • hardly ever、scarcely ever頻度(めったにない)

⇒文中での位置はnotと同じ!

 

 

試験問題のほか、英作文でも細かい使い分けができるようになると良いですね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント