【決定版】seldom/rarely/hardly/scarcelyの違いとは【準否定語の使い方】

基本単語

 

今回はseldom/rarely/hardly/scarcelyの違いについてまとめてみたいと思います。

 

これらは準否定語と呼ばれる単語ですが、ほんの少し注意が必要な単語なのですね。

 

どこに注意すべきなのか? 派生表現も一緒にチェックしていきましょう!

 

seldom/rarely/hardly/scarcelyの違い

seldom/rarely/hardly/scarcelyの違いは下記の通りです。大きく2種類に分けられます。

 

ポイント
  • seldom、rarely:頻度(めったに~ない)
  • scarcely、harldy:程度(ほとんど~ない)

⇒文中での位置はnotと同じ!

※seldomとscarcelyに比べ、rarelyとhardlyの方が口語的

 

 

 

「頻度に関する表現なのか? 程度に関する表現なのか?」が大きな違いです。

また、準否定語と呼ばれるだけあり、文中ではnotと同じ位置に来ます。

 

例文はコチラです。意味合いの違いと、準否定語の位置 (notと同じ位置にくる)点を確認してくださいね。

The dog seldom bites. (そのイヌはめったに噛まない)

The dog does not bite. (そのイヌは噛まない)

 

We hardly know him. (私たちは彼をほとんど知らない)

We do not know him. (私たちは彼を知らない)

 

その他の派生表現

その他の表現もチェックしてみましょう。

 

ポイント
  • hardly any A、scarcely any A:程度 (ほとんどAがない)
  • hardly ever、scarcely ever頻度(めったにない)

⇒文中での位置はnotと同じ!

 

ここではanyとeverに注目してください。

 

それぞれ、

  • any: 程度
  • ever: 頻度

を表す表現です。

 

 

hardly/scarcelyは、any/everにくっついているだけで、

「文全体が程度なのか頻度なのか?」はany/everが決定しているのですね。

 

 

コチラが例文です。先ほどと同じく、notと同じ位置に来ている点も注目してくださいね。

There are hardly any flowers in our garden.

There are scarcely any flowers in our garden.

(私たちの庭にはほとんど花がない)

 

We hardly ever go on a trip alone.

We scarcely ever go on a trip alone.

(私たちは一人で旅行をめったにしない)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にポイントを改めてまとめておきます。

 

 

ポイント
  • seldom、rarely:頻度(めったに~ない)
  • scarcely、harldy:程度(ほとんど~ない)

⇒文中での位置はnotと同じ!

※seldomとscarcelyに比べ、rarelyとhardlyの方が口語的

 

ポイント
  • hardly any A、scarcely any A:程度 (ほとんどAがない)
  • hardly ever、scarcely ever頻度(めったにない)

⇒文中での位置はnotと同じ!

 

 

試験問題のほか、英作文でも細かい使い分けができるようになると良いですね。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント