【とても~なので】S is such that~の訳し方は?【so that言い換え】

接続詞

前回so that/such that構文に関する違いを取り上げましたが、一点補足があったのでこちらに追記いたします。

 

なお、so that / such that構文の違いに関するメインの説明はこちらをご覧ください。

<参考>so that / such that構文の違い徹底解説

 

S is such thatはso that構文の言い換え!

さて、今回取り上げたいのはコチラの構文です。

 

 

S is such that構文

S is such that S’V’: Sは非常なものなので、S’V’だ

= S is so great that S’V’

= Such is S that S’V’

 

例文でみてみましょう。

His talent was such that he succeeded.

(彼の才能は非常に優れていたので、彼は成功した)

 

ざっくりいうと、この構文ではsuch = so greatと解釈します。それだけわかっていれば問題ありません。

 

※細かい話をすると、この場合のsuchは名詞として「そのようなもの」程度の意味になります。「そのようなものって、どのようなものなの?」という疑問に答えるのがthat以下で、「~するくらいのものだよ」とつながります。つまり直訳すると「~するくらいのものだった」ということです。上の例文であれば、「彼の才能は成功するほどのものだった」程度の直訳になります。

 

 

するとどうでしょう?

 

His talent was such that he succeeded.

= His talent was so great that he succeeded.

(彼の才能は非常に優れていたので、彼は成功した)

 

これはまさにso~that…構文で、「とても~なので…だ」と訳せてしまいます。

 

ちょっと特殊なのは、such=so greatという関係がほぼ固定されていることです。suchを直訳すると「そのようなものなので」くらいの訳になりますが、この構文では「そのようにスゴイものなので」の省略、つまりはsuch=so greatと考えます。such=so great部分の和訳は、文脈に合わせて適当に調整してOKです。

 

ちなみに、S is suchの部分が倒置するパターンもあります。

 

His talent was such that he succeeded.

= Such was his talent that he succeeded.

(彼の才能は非常に優れていたので、彼は成功した)

 

もともとHis talent was such~だったのが、Such was his talent~になっています。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

英作文ではあまり使うことのなさそうな表現ですが(普通にso that構文を使えばいいと思います。ややこしいから…笑)、長文読解等で出くわした場合は焦らず対処できるようにしておきましょう。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] <参考>S is such that~の訳し方 […]

    • 閲覧者 より:

      His talent is such that he succeeded. のときのsuchの品詞は何になるのでしょうか…?名詞でしょうか?辞書のどの訳になるのかがよくわからなくて悩んでまして、よかったらご教示願いたいです。

      • NN より:

        コメント誠にありがとうございます。

        この場合のsuchを分類するとすれば、辞書などでは名詞に分類されています。「そのようなもの」程度の意味になります。

        「そのようなものって、どのようなものなの?」という疑問に答えるのがthat以下で、「~するくらいのものだよ」とつながります。つまり直訳すると「~するくらいのものだった」ということです。今回の例文であれば、「彼の才能は成功するほどのものだった」程度の直訳になります。

        ただ、such thatの場合は一つの提携表現として覚えてしまってもあまり差支えはない気がするので、「such that~: とてもすばらしい(great)ので~だ」と丸ごと覚えてしまっても構わないかと思います。